« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

平城京跡の東院庭園 〔奈良におでかけ〕

Tointeien1













平城京跡の東の端に東院庭園があります。

ここ意外と知らない人多いのかな~。
3回くらい行ったことあるんですけど、いつ行っても
誰もいないんですよね~(笑)

きれいな所だと思うんですけどね。
旅行者なんかここで記念写真撮ると良いと思いますよ。
特に外国人なんて大喜びだと思います。
タダですし。

ここは、孝謙天皇(749年~770年)の時に造られたもので
日本庭園の原型と言われているんですよ!
ここで外国人のお客さんなどを迎えて宴会してたそうです。

Tointeien2











復元は池の形まで忠実に再現したようで、
ここに生えてる木々も発掘された葉や種を参考にして
植えられている徹底ぶり!

ちなみにここでもロケが行われているんですよ!
2001年11月10日NHKで放送された3時間ドラマ「聖徳太子」。
そのドラマの中で2度ほどここが出てきます。
本木雅弘さん、緒形拳さん、柄本明さんもここで演技してました!

朱雀門を見た後は、ぜひ東院庭園まで足を伸ばして見てくださいね!

平城京の様子をもっと詳しく! → 【おでかけ るぽ】平城京跡


参考になったと感じていただけたなら、
1日1回ポチッとひと押し 応援お願いします!  →ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

平城京跡 〔奈良におでかけ〕

Suzkumon_1














近鉄大和西大寺駅からh東へ徒歩10分程のところに
かつての日本の中心(710年~784年)、平城京の跡地があります。
当時の建物は残っていないのですが、埋蔵物や遺構が多いので
この土地全体が世界遺産に登録されています。

だだっ広~い平原に復元された当時の建物が点々とあって、
私の好きなスポットのひとつです!

とにかく広い平原に山が見える景色になぜか奈良を感じるんです。
敷物を敷いてまったりしている人、野球やサッカーをしている子供、
犬とフリスビーをしている人、1月は凧揚げをしてる子供。
春は大きめの桜もちょこちょこあるので良いですよ。人少ないし(笑)

現在は2010年の平城遷都祭に向けて第一次大極殿が復元中で、
4月の特別公開で工事現場に入りましたが、すっごいですよ~!
朱雀門よりも大きく、きれいな朱色の柱は共通ですが、天井には
極彩色の花の絵がたくさん描かれています。今から完成が楽しみ♪

Suzakuoji
















奈良市の人は見慣れている朱雀門。ここでは、
野村萬斎さん、伊藤英明さん、真田広之さんなど出演の「陰陽師」(2001年)
という映画が撮影されたんですよ!野村さんと伊藤さんが朱雀大路を歩いてました。
これに大極殿が完成すれば、さらに映画などのロケ地に選ばれそうですね♪

 平城京の詳しい様子はホームページにも!→ 【おでかけ るぽ】平城京跡

奈良スロー日和でも紹介されています。


参考になったと感じていただけたなら、
1日1回ポチッとひと押し 応援お願いします!  →ブログランキングへ

| | コメント (4) | トラックバック (1)

明日香の夢市と夢市茶屋 〔奈良におでかけ〕

Yumeichi












石舞台古墳のすぐ近くにある明日香の夢市。
中では黒米や赤米や緑米をはじめ明日香で採れる
農作物などが売られています。

3年ほど前に行ったときは普通のお土産屋さんでした。
古代米が買えるのでこれはこれで良かったのですが、
でも、何やらリニューアルされていて2階に茶屋ができてる!

この日はすっごく暑かったので行かない手はないでしょう。
ということで入ってみました。

古代米や野菜料理を中心としたレストランなのですが、
メニューを見るとひときわ目を引くものが・・・
「あすかルビーのスムージー」???


Asukaruby





あすかルビーは、
明日香村で採れる
イチゴのことで、
イチゴのスムージー
(柔らかいシャーベット)です!





テーブルに運ばれてきたそれは濃い~ピンク色で細かい果実が
たくさん見えてて、たっぷり果実が使われているのが一目で分かる!

期待を込めて一口。

!!

お、おいしい~!

明らかに味や香りが付けられたものじゃなく濃厚なイチゴの味!
もう顔がにやけちゃってなかなか元に戻りません(笑)

これからの暑い時期、暑さでヘトヘトになった体を
シャキィィィと爽やかにしてくれること間違いなしです!

明日香を散策して疲れたときは、あすかルビーのスムージーいかが♪


関西おいしいもの♪ではお食事の様子が掲載されています。


参考になったと感じていただけたなら、
1日1回ポチッとひと押し 応援お願いします!  →ブログランキングへ

| | コメント (4) | トラックバック (1)

飛鳥寺と日本最古の飛鳥大仏 〔奈良におでかけ〕

Asuka6












飛鳥の民族資料館近くの田畑の中にぽつんと1軒のお寺があります。
飛鳥寺です。
596年に蘇我馬子が建てさせた日本最古のお寺です。

この飛鳥寺、当時は法興寺と言いって平城遷都と共に
現在の奈良町に移され、元興寺となりました。
その後しばらくは、「もと元興寺」と呼ばれていたそうです。

現在の飛鳥寺は江戸時代に金堂のみが
再建されたものですが、ご本尊の飛鳥大仏は
606年に推古天皇が作らせたもので日本最古です。

この飛鳥大仏は2度の金堂消失で一時期雨ざらしに
されていて頭と指だけになっていたらしいのですが、
発掘によってほとんどの部分を見つけだし修復されたそうです。
だからつぎはぎが見えるんですよ。

一見の価値ありです!

飛鳥散策の詳細はホームページへ 【おでかけ るぽ】飛鳥

飛鳥寺について書かれている他のブログ・・・奈良の寺社まほろばの国から


参考になったと感じていただけたなら、
1日1回ポチッとひと押し 応援お願いします!  →ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

明日香村を散歩 〔奈良におでかけ〕

Asuka12_1












日本が国家として成り立ち始めた飛鳥時代。
その頃の日本の中心地だった現在の明日香村。

ここは今もなお発掘調査が続いているので建物
などを無闇に建てたりしないそうです。

私はこの明日香村に時々行きたくなります。

のどかな田園風景のなかに古代人が残した謎の
石造物が点在していて、この石造物を探しながら
歩くととても良い運動になるんです!

Kameishi_1
石造物にも、人だけでなく亀や猿や
鬼のまな板や便所など色々あって
おもしろい!

私は歴史が好きなので、飛鳥時代の
国を動かしていた人たちがどんなことを
していたのか思いを馳せると楽しいです
し、歴史に興味が無い人でもこの
のどかな風景の中を歩くのは気持ち良いですよ!

 飛鳥散策の詳しい様子 → 【おでかけ るぽ】飛鳥


参考になったと感じていただけたなら、
1日1回ポチッとひと押し 応援お願いします!  →ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

宇治の風景と宇治上神社 〔京都におでかけ〕

Ujigawa











平等院周辺の宇治川の景色です。
源氏物語ゆかりの地であり、落ち着いたこの雅な風景は好きです♪

体験なのか本物なのか分かりませんが、たまたま出会った舞妓さん、
祇園で見るのとはまた少し違って、とても風情を感じますね。

夜なので写真は撮っていませんが、現在宇治川では鵜飼が行われています。
(9/24まで)鵜を操りながら鮎を狩る景色は迫力ありますよ!


Ujigami 平等院から少し歩いて宇治川を渡ると
宇治上神社があります。
細い路地にあるためか観光客も少なく
ひっそりとしていますが、世界遺産です!

ポイントは、

 ・本殿の中の3つのお社が現存する
  最古の神社建築
 ・拝殿が平安時代の住宅様式

京都市内ではもう残っていない
貴重な建造物なんだそうです。

たどり着いた時は閉門寸前で中には入れませんでした(T-T)
今回は入口の写真と、外の音声ガイドだけを聞いて帰りました。


参考になったと感じていただけたなら、
1日1回ポチッとひと押し 応援お願いします!  →ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平等院鳳凰堂と難点 〔京都におでかけ〕

10円玉に描かれている平等院鳳凰堂。国宝です。
ちなみに平等院自体は世界遺産です。

ここの写真を撮ろうと思う場合はお昼までに!
私は3時前に行ったのですが、正面に回ってカメラを構えると、
えっ!?写らない。建物が真っ黒・・・
そう、逆光なんです。。
なので横からの写真です。
ま、こんなアングルはあまり見ないので良いかと(;^_^A

Byodoin









平等院は1052年に時の関白、藤原頼道によって建立されました。
極楽浄土をイメージして造られているそうです。
当時もっと規模が大きかったのですが、楠正成と足利尊氏の戦いで
1336年にほとんど焼失、現在の鳳凰堂が奇跡的に残ったそうです。

ということは、
この鳳凰堂は平安時代の人が見た建物、
内部は平安時代の貴族が実際にいた空間、
床は実際に踏んでいた床。
何かじ~んときませんか?

ただ困ったことに、2006年現在は修復のためご本尊の台座やら
背中の飾りやらが来年8月末まで無い状態なんですよね。
壁にもたくさんの雲に乗った菩薩様が本来はかかっているのですが、
近年できた鳳翔館ミュージアムに半分くらい展示されていて
鳳凰堂の中は情けない状態・・・

今の鳳凰堂内部の見どころは、壁に描かれた日本最古の大和絵。
よ~く見ると死んだ人をお釈迦様と大勢の菩薩様が迎えに来てる絵。
もちろん国宝です。


参考になったと感じていただけたなら、
1日1回ポチッとひと押し 応援お願いします!  →ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

彦根城と城下町 〔滋賀におでかけ〕

以前から気になっていた彦根城に行ってきました。

彦根城は大阪城や姫路城と比べると
規模が小さくこじんまりとしているのですが、
当時の風景が色濃く残るとても良いお城でした。
大手門から中に入ると、天守閣の横にある
自販機以外は現代的なものはほとんどありません。

こういうところを散策するとなんか気分が落ち着きますね。

それにしても、ここに来てる人は大阪城とはちがって、
なぜか若い人が多かった気がします。なぜなんでしょう?

Hikone それから彦根城へ続く道、
夢京橋キャッスルロード。
当時の城下町の雰囲気を
出すため、商店がすべて
町屋風になっていてとても
良い感じです。

中はおしゃれなダイニング
だったりするんですけどね。


ここ、町屋の風景になったのはここ数年のことらしいです。
町をあげて彦根城に合う景観を造る思い入れはすごい!

Sasaman_1 そんなことを思いながらさあ帰ろうと
駐車場に向かって歩いていると、
佐和口近くに和菓子屋さんがあって、
酒々(ささ)まんじゅうの幟(のぼり)が!
やっぱり買っちゃいました(笑)
けっこうお酒が効いておいしかったです。

 おでかけるぽ 彦根城特集ページ



参考になったと感じていただけたなら、
1日1回ポチッとひと押し 応援お願いします!  →ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

京都劇場~夢から醒めた夢~ 〔京都におでかけ〕

昨日休みをとって京都駅ビルにある京都劇場へ
劇団四季の「夢から醒めた夢」を見てきました!

Shiki_1 劇場のエントランスを過ぎればもう夢の世界です。
開演前の待ち時間を退屈させないために、出演者
がいろんなパフォーマンスをしていました。

で、この「夢から醒めた夢」という作品、
内容を簡単に言えば、主人公の女の子が臨死体験を経て
生きる喜びと愛のすばらしさに気付くといったものです。

笑いあり、感動ありのほんとに良いミュージカルでしたよ~!

劇団四季の作品の中では「CAT'S」や「ライオンキング」などの海外作品に引けをとらない人気作品なんだそうです。

実は私、この作品にはすごく思い入れがあるんです。
1987年の初回公演にも学校から見に行っていて、
当時小学生だった私は、感動してクラスの数人と教室で
歌をパート分けして練習したのを覚えています。
今でもメロディーと部分的に歌詞を覚えていたほどです。

小学校の教室、友達との合唱などの思い出と
作品のストーリーの良さで思わず目頭が熱くなりました。

19年の時を越え心が洗われる旅となりました!


参考になったと感じていただけたなら、
1日1回ポチッとひと押し 応援お願いします!  →ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奈良町の酒まんじゅう 〔奈良におでかけ〕

Naramachi











ならまちを歩くとよく立ち寄る和菓子屋さん
「御菓子司 なかにし」さんです!

最近のならまちは町屋の雰囲気を活かしつつもおしゃれなカフェが
多くなってきましたが、それらを差し置いても行くところなんです。

もちいどの通りをまっすぐ南へ、あしびの郷の横にあります。

ここは、良く言えば風情がある、悪く言えば古ぼけた外観(お店の方
ごめんなさい!)で、中でも食べれるようになっているのですが、6人
くらいしか入れません。
前を通っても中で食べれるとは気付かないです。

なんでいつもここに行くかというと、


酒まんじゅうがあるから。


私、酒まんじゅうが大好きなんです!
蒸した皮にほんのり日本酒の香りがするこしあん・・・
も~たまりません!

なかにしさんでは、この時期の酒まんじゅうは冷た~く冷やしてあって
これがまた美味!

Wagashi 以前、酒蔵に行けばあるのかなと思い
春鹿酒造に行ったのですが無くって、
その帰りにたまたま見付けたところ。

もちろん和菓子屋さんですので、酒まん
じゅう以外にも色鮮やかな和菓子やわら
びもちもあり、店内で食べるとお抹茶が
付いてきます!

人もほとんどいないし、まったりとした時間を過ごせますよ!


参考になったと感じていただけたなら、
1日1回ポチッとひと押し 応援お願いします!  →ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (1)

蛍がいる植物園とおしゃれなレストラン 〔京都におでかけ〕

京奈和自動車道城陽ICを降りて宇治方面に行くと
宇治市植物公園があります。

もともとここにあるレストラン「蝶々」に行くつもりだった
のですが、「蛍ナイター」が開催されていたので行ってみました。

まだ明るかったので暗くなるまで園内を何となく散策。
でも、ここがけっこう広くて手入れも行き届いていて良いところ。
あっと言う間に暗くなりました。

そして暗くなった散策道を歩いていると頭上を緑色の点がふら~っと…


あっ、ほたる!


その蛍のあとについて行くと、小川のところにはたくさんの蛍!
真っ暗な木の茂みに緑色の点々がまるで星空のようでした!

残念ながら蛍はど~してもカメラに写らなかったので
お見せすることはできません・・・

「蛍ナイター」は6月末日まで、今年は終わってしまいましたが
来年もまた見に行きたいと思います。


Uji1_1
感動の余韻を後にレストランへ

蛍のこともあってレストランは
少し混んでいました。

でもそこにタイミングよくピアノとチェロ(?)
の生演奏が!ラッキ~♪

そしてこれまたラッキーなことに
演奏が終わると同時に席に通されました♪


Uji2_1 このレストランのある所は太陽が丘と呼ばる高台
になっていて、テラス席がおすすめ!
夏なんかは夕日を見ながらのディナーもできそう♪

最高のロケーションがまた食事をおいしくしてくれます!




宇治市植物園の様子はホームページへ 【おでかけるぽ】宇治市植物園


参考になったと感じていただけたなら、
1日1回ポチッとひと押し 応援お願いします!  →ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »