« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

予約殺到のパン屋さん GRANDIR 〔京都におでかけ〕

Grandir1

下鴨神社の北、下鴨本通沿いの洛北高校前に
GRANDIR(グランディール)というパン屋さんがあります。
あくまで私個人の好みですが、現段階では
京都で一番おいしいパン屋さんだと思っています!

グランディールのパンは、山食パンのパン・オ・ルパンや角食パン
といったようなシンプルなパンほど人気が高いようで、
店員さんの後ろの棚にはいつも予約のパンがたくさん並んでいます。

Grandir2

食パン意外にもクロワッサンも人気があるようですが、
中でも私のおすすめは・・・
 
 丸い白パンの中に干しぶどうが入ったぶどうパン、
 外はカリッ中はふかふかのパンに干しぶどうとオレンジピールが入ったパン、
 中にほんのり甘くでもあっさりした角切りりんごの入ったりんごのパン

いつも買ってます!ほんとにおいしいです!!

グランディール。
地下鉄烏丸線北大路駅南出口から北大路通を東へ、
下鴨本通北大路交差点を北へ徒歩6分程度

京都のおしゃれな地域北山近くにあり、
下鴨神社や京都府立植物園といった観光地もあります。
車があったほうが便利ですが、ぜひ一度お試しあれ。


食べてみたくなった方はクリックしてね! → ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

本格ピッツァ IL PAPPALARDO 〔京都におでかけ〕

Ilpap1

京都j国立博物館、三十三軒堂のすぐ近くにある
イタリア料理の IL PAPPALARDO(イルパッパラルド)さん。
数年前からどの本を見てもたいてい載っている有名店です。
どんなものか気になっていたので行ってみることにしました!

大きな窓でお店の雰囲気は明るく、京都女子大学が近いせいか
女性客で賑わっています。

Ilpap2_1

お店の奥には石釜があって職人さんが黙々とピッツァを焼いています。
まるで「魔女の宅急便」に出てくるパン屋の主人のように(笑)
で、そのピッツァ、表面はサクッとしてそれでいて中はもっちり、これぞナポリピッツァ!
いろんな具が乗っているわけでもなく、すごくシンプルなのにこれがおいしい~!

また、このイルパッパラルドさんはすごく気が利いているんですよ!
この日は2人でランチコースをオーダーしたのですが、ピッツァかパスタを選びます。
こういう時って大体1人がパスタで1人がピッツァでお互い分け合いますよね?
イルパッパラルドさんはオーダー時に小分けにするか聞いてくれるんです!
で、ちゃんとパスタが半分ずつお皿に盛って出てきました!
「へぇ~、こんなんはじめて」ちょっとした感動を味わいました。

雰囲気よし、味よし、気配りよし!
いろんな雑誌などに紹介されている理由が分かるような気がしました。
お値段もリーズナブルで気軽に立ち寄れるところです。ぜひ!

※ランチタイムは12時前から非常に並びます。
  予約ができないので11時半までに行くのが良。駐車場はありません。


行ってみたくなったらクリックしてくださいね → ブログランキングへ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

四条京町屋 〔京都におでかけ〕

Kyomachiya

私が京都に車で行ったときに必ず置くパーキングの近くにある四条京町屋です。
場所は四条通沿いでバス停の四条西洞院前です。烏丸駅から西へ徒歩8分。

この四条京町屋は明治43年に鋼材卸商の隠居所として建てられたそうです。
入口から奥に向かって通り庭と言う一本の道があって、その道に沿って
台所や部屋が縦一列に続き奥には庭と蔵があります。
いかにも京都の町屋って感じで良い雰囲気です!

Kyomachiya2

この町屋の雰囲気もさることながら、
奥の庭には水琴窟(すいきんくつ)なるすっごく風流なものが!
一見ただのつくばいなのですが、下に敷かれた石に水をかけてしばらくすると
キン、キン、キーンときれいな音が聞こえてきます!
昔の人はほんとに風流ですよね~

Kyomachiya3

四条京町屋の玄関には京都のイベント情報などのパンフレットが置いてあるので、
車を置いた後よくここに立ち寄ります。
情報集めがてらここで町屋を堪能してみてはいかがでしょうか♪


参考になったと感じていただけたなら、
1日1回ポチッとひと押し 応援お願いします! → ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

圓徳院夜間特別拝観 〔京都におでかけ〕

Entokuin


前回の高台寺とともに開創400年記念の夜間拝観が行われてます。
この圓徳院(えんとくいん)は高台寺の前にあります。

豊臣秀吉の妻ねねが秀吉との思い出が深い伏見城の化粧御殿と
その前庭をこの地に移築し、余生を過ごしたところだそうです。

中に入ってみるとこれが意外と広い!
秀吉と同じく派手好みだったのか金箔の襖の部屋や
ねねが実際に着ていた見事なうちかけも見ることができます。

そしてお庭!国名勝指定の北庭(トップの写真)はあまりの良さに
部屋に入ったとたんふぁ~と力が抜けてしまいました。
秋になって間もないこの時期の夜はとても涼しくコオロギの声を
聞きながらぼ~~~っとしてると時間が経つのを忘れてしまいます(汗)

Entokuin2


こちらは入口を入って始めの南庭。ここもとっても癒されます!

開創400年記念夜間特別拝観は、10/8まで。
金・土・日限定で21時半まで拝観できます。


もっと見たい方はこちら → 【おでかけるぽ】高台寺・圓徳院夜間特別拝観


行ってみたくなりました?クリックしてくださいね! → ブログランキングへ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

高台寺夜間特別拝観 〔京都におでかけ〕

Kodaiji1

京都四条通の突き当たり八坂神社の裏にある高台寺では今、
開創400年記念で週末に限り夜間特別拝観が行われています。

高台寺は、豊臣秀吉の死後その菩提を弔うために
夫人の北政所(きたのまんどころ:ねね)が建てたお寺。

Kodaiji2_1

通常は桜の時期や紅葉の時期に夜間拝観できるのですが、
そのライトアップされた境内の幽玄さ・美しさといったらもう!
ご存知の方も多いと思いますが竹やぶのライトアップは
ほんとに圧巻!緑に輝く空間に包まれるともう言葉も出ません!

Kodaiji3

高台寺開創400年記念ということで、夜間拝観に伴い境内には
江戸時代の名だたる画家が描いた幽霊図や百鬼夜行の絵が展示
され、クラシックライブも行われていてほんとに癒されます!
お寺に興味がなくてもすごく価値のある時間をすごせますよ!

開創400年記念夜間特別拝観は、10/8まで。
金・土・日限定で21時半まで拝観できます。


もっと写真を見たい方はこちら → 【おでかけるぽ】高台寺夜間特別拝観



行ってみたいと思ったらクリックしてくださいね → ブログランキングへ

| | コメント (6) | トラックバック (1)

行列のパン屋 Takeuchi 〔大阪におでかけ〕

Takeuchi1_1

地下鉄四つ橋線本町駅、うつぼ公園沿いに大阪で最も並ぶパン屋
”Boulangerie Takeuchi”(ブーランジェリー・タケウチ)があります。

ほんとにいつも並んでいます。2年前にも行ったんですけど
あまりにも並んでいたのでその日はあきらめました。
そして2年経った今もなおこの状態。すごい・・・

ブーランジェリー・タケウチさんは、売切れるとお店を一旦閉めちゃいます。
なのでお昼過ぎはいつもシャッターが降りていて3時からまた開店という状態。

Takeuchi2_1

パンの種類はとんでもなく豊富で(写真ではぜんぜん伝わりませんが)
数あるパン屋さんのパンの中でもひとひねり加わったものが多いです。
レーズンの食パンでもオレンジピールが入っていたりしておいしい!
このタケウチさんのパンは、普通の食パンでも生地がほんのり甘いです。

これはちょっと並び過ぎでしょ~とも思いますが、
個性が光っているので、まぁ並ぶ価値はあるかなって感じです。

おいしいパンが食べたい!という方は一度並んでみてはいかが♪



食べてみた~いと思ったらクリックしてね → ブログランキングへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

大阪証券取引所を社会見学 〔大阪におでかけ〕

Daisyo1_1

















インターネットの普及と数年前からの株ブームで
今や学生でもOLでも老若男女を問わず株の売買をしますよね。

たまたま何かで大阪証券取引所(大証)が見学できることを知って
私の好奇心が”見に行きなさい”と心の中でささやくのでした。

大証は地下鉄堺筋線・京阪電鉄の北浜駅にあります。
立派な建物の中に入ると明るくてきれいなホールに株価が表示された
電光掲示板があって、おじさんたちが株価に見入ってました。
Daisyo3
















そして大証専用エレベーターで4階へ。
警備員さんに言って受付を済ませ、いざ探検!と思いきや、
「そっちへは行かないで下さい」といきなり止められてしまいました(汗)
4階では昔大証で行われていた取引の様子の写真や物品などが展示。
現在に至るまでの取引の歴史が学べます。

そして5階は大証の中枢部”売買室”です!
ガラス張りになっていて中の様子を見ることができます。
中では不正な取引が行われていないかなどを監視しているそうです。
みなさんじ~っとモニターを見ているかと思えば急にドタバタ動き出したり
お忙しい様子でした。
Daisyo2


















見学は平日10時~16時で無料です!
社会見学として行ってみるのはいかがでしょうか。



興味がわいた方はクリックしてくださいね! → ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

安くてうまい寿司屋 春駒 〔大阪におでかけ〕

前回の天神橋筋六丁目、天神橋筋商店街に属していて
この商店街は天神橋(大阪天満宮・南森町付近)から北へ2.6kmと
日本一長い商店街なんだそうです。

で、この商店街の五丁目辺りを少し横に入ると(六丁目からだと左)
なぜか寿司屋が密集しています。
天神橋筋商店街の寿司屋はおいしくて有名らしいのです。しかも安い!
行ってみると確かにどのお店も並んでました。


Harukoma















私が選んだのは、その中のひとつ”江戸前にぎり寿し 春駒”さん。
店内は雰囲気が良いとはお世辞にも言えず、狭くて
年季の入った庶民の寿司屋って感じです(お店の方ごめんなさい)。
でも、一応お寿司は回ってませんよ(笑)

早速、はまちやら鯛やらまぐろやら色々頼んでみました。
出てきたお寿司を見るとわりとネタ大きい。
お~、見た目はなかなか!でも味はどうかな?と
あまり期待せずに食べてみると・・・


うまいやないかい~(大木こだま風に)

2人でお腹いっぱい食べて、たったの2900円!
お味は良いのに回転寿司なみのお値段でした!

この付近に行くことがあればぜひお試しあれ♪


クリックして応援してくださいね! → ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大阪くらしの今昔館 〔大阪におでかけ〕

ここのところずっと奈良が続いていたのでたまには違うところも。

大阪市営地下鉄(谷町線・堺筋線)の天神橋筋六丁目駅のビル
8階9階に”大阪くらしの今昔館”があります。

Konjyakukan1_1

ここは現存している遺構や当時の設計図、土地台帳、絵画などをもとに
1830年代の大坂の町並みが実物大で再現されています。
規模はそれほど大きくありませんが、昔の町並みを散歩する
日常とは少し違った醍醐味が味わえます!

風呂屋や本屋や呉服屋があったり、裏通りには庶民が暮らす長屋があったり
「これが江戸時代の大坂かぁ」と歩いているとカラスが鳴きどこからか鐘の音、
そして夕方に!なんと、ここには時間の流れもありました!
お昼が中心のようですが、20分ごとに夕方→空に月、街に灯りがついて夜に
→すずめがさえずり魚屋が魚を売り歩く声がする朝へと移り変わります。

Konjyakukan2_1
Konjyakukan3_1

また、今は常設の”商家の賑わい”という日常の様子ですが、
夏は大坂の夏祭りの様子、1月にはお正月の様子にと季節によっても変わります。
週末はお茶会や落語など様々なイベントも開催されていて楽しいですよ!

大阪と言えば買い物やお食事といったイメージですが、
家族でこういったところへ行ってみるのも良いんじゃないかと思います♪


さらに詳しく見たい方はHPへ → 【おでかけるぽ】大阪くらしの今昔館



参考になったと感じていただけたなら、
1日1回ポチッとひと押し 応援お願いします! → ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中谷堂のよもぎ餅 〔奈良におでかけ〕

Mochitsuki_1

近鉄奈良駅の商店街を抜けた所にあるよもぎ餅のお店 中谷堂さん。
東大寺やならまちによく来る方ならたいていの人は知ってると思います。

ここのよもぎ餅はセイロで蒸したもち米を臼と杵でついて作っています。
その餅をつくところがすごいんです!とにかく早い!
はじめは一人が杵でついて一人が餅をこねてぺったんぺったん。
それがだんだん早くなっていきます。
最後は3人がかりで「よっ!ほっ!はっ!」って、もうパフォーマンスです(笑)
テレビの餅つき王選手権で2度も優勝しているんだとか(知らなかった・・・)

餅つきだけじゃありませんよ!お味もGOOD!!出来たてはやっぱり違う!
きな粉がかかったあんこ入りのよもぎ餅で、柔らかくてほんとおいしい!!
次の日に食べても硬くなっていませんでした。

奈良に来たときは、この餅つきパフォーマンスを見て、食べてみてください♪


大和は国のまほろば 別館 にも掲載されています!



よろしければクリックして応援お願いします! → ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (1)

NATIVE WORKS. 〔奈良におでかけ〕

東大寺大仏殿の裏の道沿いに感じの良い建物があります。
オーガニック素材にこだわった服屋のNATIVE WORKS.さんです。

Native_1

オーガニック素材とは、過去3年以上農薬や科学肥料を
使っていない畑で育てた綿花を、糸や生地に加工する過程でも
科学的な処理をせずに仕上げられた素材のことだそうです。

オーガニック素材、実際に触ってみるとわかりますが、
すっごく手触りがいい!さらに着てみるとその肌触りの良さにうっとり・・
お値段は少し高めですが、直接肌に触れるものには
こだわってみてもいいかなと思わせられました。
天然色素には紫外線をカットする力もあるそうです。

ここの服は、もともと神戸のアパレルメーカーで働いていたお店の人が
独立して作ったお店で、ひとつひとつが手作り。
そのため平日は服を作っていてお店は金土日祝しか開いてません。

NATIVE WORKS.さんでは、服以外にもオーガニック素材にこだわった
商品がたくさん置いてあります。

ケニアの身体障害者たちが伝統的な原料や技術で作るフェアトレードの
アクセサリー。身体障害者を助けることにつながります。

Native2_1

生花をオーガニック保存液や食用の染料に漬込んで加工された花で
作られたアレンジメント。水やり不要で1~2年ももつそうです。

Native3_1

この日はプレゼント用のラッピングをしてもらったのですが、
ラッピングも凝っていてすごくおしゃれでしたよ!

―地球にも人にも負担をかけない―

こういうことを一人一人が考える時が来たような気がします。


こちらでもNATIVE WORKS.が紹介されています! 「奈良スロー日和」

NATIVE WORKS.
奈良市芝辻町543-17
11:00~20:00
金・土・日・祝のみ営業
駐車場あり


見に行きたくなりましたか? → ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ディープな東大寺⑥ 〔奈良におでかけ〕

Tegaimon_1

少し離れていますが大仏殿の北西に転害門(てがいもん)があります。

奈良の人は気付いていないか特に気にしていない方が多いような気がします。
観光客の方もたぶんここまで見ないんじゃないでしょうか。
でも、奈良時代の創建当時からある数少ない建物なんです。もちろん国宝!

この門は平城京の大内裏に続く佐保路に向かって建っているので
佐保路門とも言われます。当時のお偉いさんたちは平城京を出て
この門から東大寺に参拝していたか逆に帰っていったのでしょうね。

また、源平の戦いで敗れた平景清がこの門に隠れて
東大寺に参拝しにくる源頼朝を狙ったことから景清門とも言われます。

奈良時代からず~っとこの位置に建ち、時代の流れを見てきたこの門に
思いを馳せてみてはいかがでしょうか。



東大寺についてもっと詳しく見たい方はこちら
 → おでかけるぽ【東大寺】


参考になったと感じていただけたなら、
1日1回ポチッとひと押し 応援お願いします! → ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

本薬師寺跡のホテイアオイ 〔奈良におでかけ〕

Hoteiaoi1_1

橿原神宮の東に本薬師寺跡があります。
最寄り駅で言うと近鉄橿原線の畝傍御陵前(うねびごりょうまえ)。
ここは今、薄紫のホテイアオイ(布袋葵)の花で田んぼ一面埋め尽くされてます!
橿原市と地元の方が旧耕田を利用して数年前に作ったようですが
とにかく広~い敷地全体が薄紫色の花に覆われそりゃもう圧巻です!

Hoteiaoi2_1

ホテイアオイは南米産の水葵科の植物でウォーターヒアシンスとも呼びます。
ホテイアオイの名前は丸い葉の根元を七福神の布袋さんのお腹に例えたもの。
ただ、水田・池・川などで驚異的なスピードで株が繁殖するので
世界十大害草のひとつなんだそうです。

花は1日で咲き終わりますが、次から次へと繁殖するので
一面薄紫のきれいな風景はしばらく続くそうです。
8月から10月頃までが開花時期とのこと。

近くに無料駐車場も完備されていますし、一見の価値ありですよ!


こちらでも本薬師寺跡のホテイアオイの様子が紹介されています!
「まほろばの国から」 「関西おいしいもの♪」


見に行きたくなった方は迷わずクリック! → ブログランキングへ

| | コメント (6) | トラックバック (2)

カフェ ことだま 〔奈良におでかけ〕

前々からず~っと気になっていた「カフェ ことだま」さんです!

Kotodama1_2

場所は近鉄飛鳥駅の南西すぐなのですが
少し迷うかもしれません。
(私は車で行きましたが付近でけっこう迷いました)
詳しい行き方はカフェことだまのHPで。

ここは飛鳥をこよなく愛するご夫妻が
飛鳥の地でカフェをしたいという夢を抱いて
自分たちの手で家を3ヶ月がかりでリフォームし
ついにその夢を実現された感動のエピソードがあるお店。
リフォームの様子を毎日ブログで書いていらっしゃいました。

で、お店の中に入ると、ここの雰囲気がめちゃめちゃ良い!
開店1ヶ月前くらいから時々リフォームの様子を見ていましたが、
完成したお店は想像以上に良い!!センスの良さにびっくりしました!
混んでいなければかなりまったりできるお店です。ほんと。

Kotodama2_1

それからお料理。これがまたおいしい!
”ことだまランチ” と ”大和肉鶏の手羽先カレー”を注文しました。
ことだまランチは2週間ごとにメニューが変わるようで、
写真は9月18日までのメニューです。(ことだまのHPで確認できます)
ご飯は古代米、ほとんどの食材が明日香村でとれたものを使うこだわり、
男性には少し量的に少ないかも知れませんが、大満足です!!

Kotodama3_1

お店の方も忙しそうにもかかわらず、
できる限り話をしようとしてくださり、とても良い印象です♪


明日香村を散策するとき、そうでなくても、ぜひ行ってみてください♪


参考になったと感じていただけたなら、
1日1回ポチッとひと押し 応援お願いします! → ブログランキングへ

| | コメント (12) | トラックバック (2)

ディープな東大寺⑤ 〔奈良におでかけ〕

三月堂の北側にあるミニ清水寺のような二月堂。
修二会(しゅにえ:お水取り・お松明)で有名ですね。
昨年晩秋に国宝になりました。

ここは江戸時代初期まで創建当時の建物だったそうですが
1667年に全焼してしまったようです。
なんと原因は修二会のお松明。戦火を逃れてきたのにもったいない・・・

うんちくはこれくらいにして、今回は二月堂のもうひとつの魅力です。
二月堂は高台に建っているうえに建物が高いのですごく見晴らしがいい!
で、夕方になるとカップルやカメラを持ったおじさんが集まってきます。
お目当ては・・・



そう、夕日です!



Nigatsudo1






Nigatsudo2

二月堂から見る夕日はとってもきれいなんです!
山に暮れてゆく夕日、大仏殿の屋根や二月堂の釣灯篭の影が良い雰囲気です!

これから秋が深まって夕日がきれいな季節になります。
ぜひ一度二月堂からの夕日を眺めてみてください!

東大寺についてもっと詳しく見たい方はこちら → おでかけるぽ【東大寺】



夕日がきれいだと感じたらクリックしてくださいね! → ブログランキングへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ディープな東大寺④ 〔奈良におでかけ〕

Azekurazdukuri
















三月堂の南側にある建物、経庫と言って重要文化財のようです。
正倉院で有名な校倉造(あぜくらづくり)の倉庫です。

校倉造…小学生か中学生くらいのころに習いますよね?
三角の木材が特徴で、湿度の高い時は膨張して湿気が入るのを防ぎ、
逆に乾燥している時は木材の収縮で隙間ができて風が通るので
倉庫内の環境を一定に保ち、中の物が傷まないというもの。
科学的には証明されてなくて根拠はないようですが。
でも、正倉院の宝物が1200年守られてきたのは事実です。


Syosoin

















↑ちなみにこれが正倉院。世界遺産の建物です。
平日の15時までしか見ることはできません。

この校倉造の建物は奈良・平安時代の官庁や大寺院には必ずあったもの
だそうですが、現存するのは、こことすぐ南にある手向山八幡神輿庫、
正倉院、唐招提寺にあるものの4棟のみだそうです。

三月堂付近で、校倉造だな~とは思っていましたが特に気にすることもなく、
こんなに貴重なものだったとは、これも今年になって始めて知りました(汗)

東大寺についてもっと詳しく見たい方はこちら → おでかけるぽ【東大寺】



参考になったと感じていただけたなら、
1日1回ポチッとひと押し 応援お願いします! → ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長距離ドライブ~山梨へ~ 〔山梨へおでかけ〕

先週末、山梨県までドライブに行ってました。
大阪・京都・奈良から片道約7時間の超長距離ドライブ。

山梨県は自然豊かな山岳地帯で、何重にも重なる山の峰や
草原、田園風景がとてもきれいなところです。
山梨県と言えば清里高原を思い浮かべる方も多いかと思いますが、
今回はできるだけそういった観光地へは行きませんでした。

村で人気の天然酵母のパン屋さんでお茶したり、
(これがめちゃめちゃおいしかった!東京からも買いに来る人が多いアリコヴェールさん。)
Yamanashi1_1












ひたすら山に入って、昔、祈祷などが行われていた洞窟へ行ったり。
(岩屋堂といって中には荒廃したお社と仏像、お地蔵さんがありました。)
Yamanashi2_1















蕎麦畑も蕎麦の花が満開できれいでした。
Yamanashi3










私は主に北杜市というところをうろうろしていたのですが、
この地域付近はドラマや映画のロケ現場にもよく使われています。

ひまわり畑。ピークは過ぎているのでしおれかけていますが。
NHKのドラマや、映画「いま、会いにゆきます」でも出てきますね。
Yamanashi4










この学校、見覚えある方もいるんじゃないでしょうか?
三上博史さんが天才指揮者を演じる、
1997年夏のフジテレビのドラマ「それが答えだ!」のロケ地です。
Yamanashi5












あと、厳重警備だったので写真も撮れず前を通るだけに終わりましたが、
来年の大河ドラマのロケセットも組まれている所がありました。



最後に、今回私が泊まった宿「五郎舎(ごろうや)」さんです。
Yamanashi6












ここはツーリング客や登山客など知る人ぞ知る民宿で
畑と山の中にぽつんとあります。

Yamanashi7



民宿と言っても中はすごく雰囲気の良いところで
自家製の野菜を使った料理に定評がある
(とんでもないボリュームでしたが)
とても良い宿でした。




もうちょっと見たい! → 【おでかけるぽ】山梨ドライブ


よろしければクリックして応援お願いします! → ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ディープな東大寺③ 〔奈良におでかけ〕

大仏殿の西へ石段を登っていくと三月堂があります。
このお堂で法華会が行われたので法華堂(ほっけどう)、
さらにそれが3月に行われたので三月堂とも呼ばれますが
正式名は羂索堂(けんさくどう)なんだそうです。

Kensakudo
















中には本尊の不空羂索観音立像(国宝)をはじめ
日光・月光菩薩立像(国宝)や梵天・帝釈天立像(国宝)
など他にもすごいメンバーがそろっていて、ほとんどが国宝です!
本尊の背面には12月16日にのみ特別開扉される執金剛神像(国宝)。
これは奈良時代のものなのに色までかなり残っていてすごいです!!

そしてこのお堂自体も最古の日本式仏堂で国宝です!
よ~く見ると、左と右で屋根の色と形が違うのわかりますか?
左側が奈良時代、右側が鎌倉時代の建築で、
後に一体化されたそうです。
言われなければ気付かないくらい巧妙にくっついてますよね。

こんな小さいお堂の中にも国宝がギュッと詰まった東大寺。
あなどれません・・・


東大寺についてもっと詳しく見たい方はこちら → おでかけるぽ【東大寺】



参考になったと感じていただけたなら、
1日1回ポチッとひと押し 応援お願いします! → ブログランキングへ


| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »