« 木津のインド料理 AnnaPurna 〔奈良におでかけ〕 | トップページ | カナカナ 〔奈良におでかけ〕 »

秋の伝統行事 鹿の角きり 〔奈良におでかけ〕

Tsunokiri


毎年秋になると奈良公園の鹿苑角きり場では鹿の角きり行事が行われます。
この行事は江戸時代中期から始まった行事で、この時期のオス鹿は発情期で
気が荒く、町民に危害を与えたり互いに突き合って死傷することが多かった
からなんだそうです。

↓実際角きり場に入ってきた鹿は互いに角を突き合わせてケンカしてました。

Tsunokiri2

はっぴを着た勢子(せこ)と呼ばれる人たちが入ってくると鹿の追い込み開始。
鹿たちは角を切られるのがわかっているらしく必死で逃げ回ります。そこに
勢子さんたちが走り回る鹿の角めがけて竹の輪にロープを巻いたものを投げる!

Tsunokiri4

うまく引っかかると刺されないように竹の柱に角を押さえつけ
数人がかりで鹿を取り押さえます。
暴れまくってますが後ろ足をつかまれるとおとなしくなる。
あきらめた様子。この瞬間がかわいいんです!

Tsunokiri3

敷かれたござの上に押さえつけられた鹿は気を沈めるために神官に水を飲まされ
いよいよ角にのこぎりが入ります。
かわいそうに見えるけど鹿はまったく痛くないそうです。
そして切り落とした角を神官が披露しておしまい。

切り取られた角は会場の外で売られていました。

鹿の角きり 10月8・9・14・15 大人700円 小人300円


見てみたいと思った方はクリックしてね! → ブログランキングへ

|

« 木津のインド料理 AnnaPurna 〔奈良におでかけ〕 | トップページ | カナカナ 〔奈良におでかけ〕 »

おでかけスポット」カテゴリの記事

奈良におでかけ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

角きり、いかれたんですね~!
やっぱりすごい人でした??
実況のおじさん、面白くなかったですか??
私が行ったときには「命がけで捕まえんかいっ!!」って
むちゃくちゃなこと言ってましたよ(笑)

投稿: ナララン | 2006/10/16 10:48

ナラランさん、こんばんわ!

寝過ごしてお昼から行ったせいか
あまり混んでなくてラッキーでした!

実況のおじさん、おもしろいですよね!
「今日はお客さんが少なくてわたくししょんぼりしてます。」
ってはじめは言ってました(笑)でも、取り押さえたとき、
「鹿は後ろ足を捕まれると馬鹿になります」とか
ダジャレも飛び出し、良い味出してましたね(笑)

投稿: satop | 2006/10/16 22:53

えー空いてたんですかー超ラッキーですね!!!最終日の終わり際のタイミングですか!?東大寺で大きな法要をしていたせいでしょうか・・・。それにしても、あの名調子、欠かせない要素ですね。

「ほれ行けー」「あー取り逃がしてしもたんかいなー」「しっかりせなー」ってセリフじゃなくて、本音が吐露していて面白い^^秋の奈良の風物詩ですね~^^

投稿: papin | 2006/10/18 22:12

papinさん、こんばんわ!
来てくださってありがとうございます!

角きりは最終日の1日前の終わり際だったんですけど
なぜか混んでなかったんですよー!
実況アナウンスのおじさんは
「あ~なにやってんねんな~」とか
「体を張って食い止めんかぃ!」とか
言いたい放題でしたね(笑)
少し落語調なしゃべり方も良かったですね。

投稿: satop | 2006/10/18 23:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181079/12288049

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の伝統行事 鹿の角きり 〔奈良におでかけ〕:

« 木津のインド料理 AnnaPurna 〔奈良におでかけ〕 | トップページ | カナカナ 〔奈良におでかけ〕 »