« 法隆寺秘仏公開 〔奈良におでかけ〕 | トップページ | 近江神宮の流鏑馬 〔滋賀におでかけ〕 »

法隆寺の七不思議 〔奈良におでかけ〕

Horyuji

法隆寺にはいつの頃からか七不思議が語り継がれています。
とても興味深いので、法隆寺に行く際に知っておくとさらに楽しくなりますよ!

その1 南大門の前に鯛石と呼ばれる大きな石がある
      大和が洪水になっても、寺は被害に遭わず、
      魚(水)はここまでしか来なかったという言伝えがあります。

その2 五重塔の上部の九輪に鎌が四本刺さっている
      怨霊封じとか落雷除けとか様々な説があるようですが
      真実は未だ謎みたいです。

その3 法隆寺の中庭に伏蔵(ふくぞう)が三つある
      伏蔵とは地下の蔵のことで、法隆寺が大きなダメージを受けても
      すぐに復興できるように財宝が収められているそうです。
      金堂の中と経蔵の中(共に非公開)、西院伽藍の南西にあります。
      何が埋まっているのか気になりますね~

その4 因可池(よるかのいけ)の蛙には片目がない
      聖徳太子の住居斑鳩宮があった東院伽藍近くの因可池、
      当時太子が学問をしている時に蛙がうるさいので静かにするようにと
      筆で目をついたら、この池の蛙はすべて片目になったそうです。

その5 夢殿の礼盤(らいばん:僧が座る台)の裏が汗をかく
      毎年2月11日にこの礼盤を日光に当てる夢殿のお水取りが
      行われます。すると礼盤は自然と水気を帯び、その水気の量
      によって豊作か凶作かを占うそうです。

その6 法隆寺の伽藍には蜘蛛が巣を作らず、雀もフンをかけない

その7 地面に雨垂れの穴があかない

→証拠写真が見たい方はこちら(一部だけですが)

怖いですね~、ミステリーですね~(笑)
真実の程は、行ってのお楽しみ!確かめてみてくださいね!


興味をそそられたらクリックしてくださいね! → ブログランキングへ

|

« 法隆寺秘仏公開 〔奈良におでかけ〕 | トップページ | 近江神宮の流鏑馬 〔滋賀におでかけ〕 »

癒しの古刹」カテゴリの記事

奈良におでかけ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

修学旅行がなつかしいです。

投稿: たんばの人 | 2006/11/03 08:55

たんばの人さん、こんばんわ!

修学旅行は法隆寺だったんですね!
そう言えばこの日も修学旅行生がわんさかいてました。
小学生や中学生の頃ってお寺とかにはほとんど興味がないので
大人になって改めて行くと違った見え方になりますね。

七不思議のことを知っていると小学生でも法隆寺を楽しめるかも。

投稿: satop | 2006/11/04 00:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181079/12530190

この記事へのトラックバック一覧です: 法隆寺の七不思議 〔奈良におでかけ〕:

« 法隆寺秘仏公開 〔奈良におでかけ〕 | トップページ | 近江神宮の流鏑馬 〔滋賀におでかけ〕 »