« 蕎麦人 〔奈良におでかけ〕 | トップページ | ダイニングバー雷来 〔奈良におでかけ〕 »

修二会のお松明 〔奈良におでかけ〕

Otaimatsu

春を告げる東大寺の行事、修二会(しゅにえ)がいよいよクライマックス!
大仏開眼供養の年から始まった東大寺の修二会は今年で1256回目!
雨の日も風の日も弓矢が降っても世界大戦中でも、1255年間一度も
欠かさず行われてきた行事です!すごくないですか?

この法会は、選ばれた東大寺の僧侶11人が世の中の罪を国民の代わりに背負って
十一面観音に懺悔し国家安泰を祈願するものだそうです。
3月1日から3月14日にかけて、二月堂では様々な行(ぎょう)が行われていて、
”お水取り”や”お松明(おたいまつ)”はそのうちのひとつです。
もともと旧暦の2月1日から行われていて、2月に修する法会という意味で
「修二会」と呼ばれ、このお堂が「二月堂」と呼ばれる理由でもあります。

Otaimatsu2

その中で最も華々しいお松明。竹の先に杉の葉を付けそれに火をつけて
二月堂の縁側を豪快に回転させながら走ります!
その火の粉を浴びると一年を無事に過ごせるということで、下にはかなり
たくさんの人たちがいます。

Otaimatsu3

ポスターなどは端から端にまで火が付いているように見えますが
実際はあのようには見えず、この写真でさえシャッタースピードを
遅くして撮っています。あの写真を撮るのはかなり技術がいるなと実感しました。

お松明は12日の籠松明の時にしか見ることができないと思われ勝ちですが
(私もそう思ってました)、修二会の期間中は毎晩見ることができます。
始まる2時間前にはかなりの見物客が集まり1時間前には大混雑でした。
3/9までに見ると比較的すいているそうですよ!

お松明の記事がある他のブログ:奈良スロー日和 関西おいしいもの♪ きょうの1枚

======================
お役に立てましたら、応援してくださると嬉しいです!
      → ブログランキングへ
======================

|

« 蕎麦人 〔奈良におでかけ〕 | トップページ | ダイニングバー雷来 〔奈良におでかけ〕 »

癒しの古刹」カテゴリの記事

奈良におでかけ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

すごい迫力の写真が撮れてますね~♪
お見事お見事☆
ここ最近はすごく寒かったですけど、風邪ひきませんでした?!
やっぱりお水取りの時に寒くなるってのは
ほんとなんですね~
私からもトラバさせてくださーい(^^)

投稿: ナララン | 2007/03/14 10:31

ナラランさん、こんにちわ!

ありがとうございます♪
ナラランさんの写真を見てコンパクトデジカメも
尾を引くような写真が撮れることを知って説明書を
読み返した結果です(笑)
この日はめちゃくちゃ寒かったですよ~!風も強かったし。
帰る頃には体が冷え切って身震いしてました。
幸い風邪はひきませんでしたけどね。

トラバされてませんけど、大歓迎ですよ!

投稿: satop | 2007/03/14 12:50

うわ~、すごい迫力の写真ですね!!
コンパクトデジカメでも撮れるんですか?!
知らなかった・・・というか、シャッタースピード今以上に遅くならない・・・涙。
ということは、ダメなのよね。。。

ところで、これはいつ行かれたのですか?
なんだか、すごい混みようだったようですが・・・。
12日では、写真撮ってられないだろうし、13か14日ですか?

TBさせていただいたのですが、どうも反映されないようです。
すみません、、、

投稿: よりりん | 2007/03/14 20:37

本当に素晴らしいお写真です!
三脚を立てられないのに、スローシャッターとは、satopさんの腕が素晴らしいですね~!
それからお水取りの意味がよくわかりました。
11人の僧侶さまは、まるでイエスキリストですね~!
ありがたやありがたや・・・・。

投稿: かなかな | 2007/03/14 21:02

よりりんさん、こんばんわ!

私も今までスローシャッターに気付かなかったんです(汗)
キャノンのデジカメですが、撮影中にメニューボタンを押すと
”長秒時撮影”という入切があって何段階か調節できました♪

この写真は13日の撮影です。12日は写真を撮れる状態ではない
と知ったので。でもこの日もかなり混雑していましたよ。たくさん
のプロカメラマンが陣取っている高台のすぐ下にいたのですが話
によるとお昼過ぎから場所取りに来ているとか。執念ですね。

TBされてますよ!最近いかがわしいTBが多いので承認制に
切り替えました。不安にさせてしまったようですいません…

投稿: satop | 2007/03/14 23:59

かなかなさん、こんばんわ!

スローシャッターに気付いて意気揚々と撮影に挑んだのですが
手ブレとの戦いに苦労しました(笑)実際、手ブレしていない
のはトップの写真だけですし(汗)
この11人の僧侶には頭が下がりますね。以前テレビで見たので
すが、真夜中にお堂の中では体を床にたたきつける五体投地と
いう行をしてたりしますから。ほんとにありがたいですね!

投稿: satop | 2007/03/15 00:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181079/14255518

この記事へのトラックバック一覧です: 修二会のお松明 〔奈良におでかけ〕:

» 東大寺二月堂のお松明と糊こぼし(3/8) [関西おいしいもの♪]
さあ、本日の私の観光メインイベントは、東大寺二月堂の修二会(しゅにえ)のお松明!! ↑僧たちがお松明を手に、走る走る!! 今年は去年よりも前で見たので、迫力も格段の差w 火の粉や灰もかぶるかぶる・・・笑。... [続きを読む]

受信: 2007/03/14 20:32

» 東大寺 お水取り [きょうの1枚]
近畿地方では、お水取りの行事が終わらないと春は来ないといわれていますが、今年は寒いですね〜。 今夜は12日の籠松明で11本の大松明(長さ6mほどの根付きの竹の先端に、杉の葉やヘギ・杉の薄板で籠目状に仕上げ、直径1mほどの大きさの松明に仕上げられます)があげられるので、それはもうすごい人出でした。 7時半に始まるまで、列を作って待つこと1時間半。その人数およそ3万人! 寒い暗いとこで立ちっぱなしで待つのは長く感じられました。 そしてわかったことは、回りの人たちはほとんどツアーでいらした観光客の... [続きを読む]

受信: 2007/03/14 21:03

» 東大寺 修二会 2007 [奈良大和路のこと]
最近毎年のように、東大寺の修二会を見に行っていて、今年も出かけた。うまい具合に早 [続きを読む]

受信: 2007/03/14 23:29

« 蕎麦人 〔奈良におでかけ〕 | トップページ | ダイニングバー雷来 〔奈良におでかけ〕 »