« 薬師寺に咲くカルミヤ 〔奈良におでかけ〕 | トップページ | 伏見の酒蔵巡り~十石船編~ 〔京都におでかけ〕 »

信楽Ceramic fair in 陶芸の森 〔滋賀におでかけ〕

Shigaraki_1

昨年秋に行った信楽の若手作家さんの陶器市へまたまた行って参りました!
この陶器市は春のGWと秋の年2回開催しています。

作家さんのは陶芸の森で5/2~5/5まで開催しています!
道路では駅前の陶器市ばかり派手に宣伝していて、
こちらの作家さんの宣伝がほとんどありません。
もう少し宣伝したほうが良いと思うのですが…
個人的には駅前の大量生産の器よりやっぱり作家さんの個性的な器が
集まっている陶芸の森の陶器市を見るのがとてもおすすめです!

中でも私のお気に入り作家さんは、山本さん。
脱サラして信楽の陶芸を学び、独立されている方です。
とても温和な方で、色使いが柔らかくシンプルだけど個性的で
どこか温かみのある器にもその人柄が出ているように感じます。

Shigaraki2_1

母は個人的にこんな器を作って欲しいと何度か注文して
作ってもらっているくらいファンです(笑)
私は半端ものが割安で購入できる普段使いの器を狙っていきました。

そして私が今回購入した器はこちら♪

Shigaraki3_1

お茶碗、湯のみ、お皿です。

土のぬくもりを感じる陶器って良いですよ~!
それにどんな料理も美味しそうに見えますしね(笑)
お気に入りの器でご飯を食べてみませんか?

山本さんは1番テントです。
他にもたくさんの作家さんが出展していて42のテントがあります。
新緑の高台にある景色の良い陶芸の森の広場で出展しているので
もし、興味ある方は一度見に行ってみて下さいね!

駐車場は広いので渋滞しませんが、
信楽駅付近の国道307号線は渋滞します。
午前中か午後遅い時間にお出かけするのがおすすめです。


お役に立てましたら、サイドバー右上→のオレンジのボタンを
押してくださると嬉しいです。

|

« 薬師寺に咲くカルミヤ 〔奈良におでかけ〕 | トップページ | 伏見の酒蔵巡り~十石船編~ 〔京都におでかけ〕 »

おでかけスポット」カテゴリの記事

滋賀におでかけ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

始めまして。
yuiさんのブログからやってきました。というよりもyuiさんの友達ですが・・・・(笑)
いつも楽しく拝見させてもらっています。陶器市、いつもyuiさんから聞いていて一度行きたいな~って思っているのですがGWはほかの予定が入ってしまったりしてまだ一度も行けてません・・・でも秋もやっているんだ!って今思い出し秋には行こうとおもいます!和食器大好きなんです☆☆特に信楽焼は好きな焼き色だなーって前から思っていました。
山本さん、脱サラして陶芸の道を歩んでいるなんて素敵ですよね。脱サラしてというのは勇気のいることですし好きなことで生計を立てていくのは幸せな反面大変なことも多かったり・・・。秋には私も山本さんのテント探してみたいとおもいます。初めての場合、きっとメイン会場の大量販売所にしかいけなかったりするかもしれないのでとってもいい情報になりました☆

投稿: あさこ | 2007/05/06 11:54

あさこさん、こんばんわ、はじめまして!
コメントくださってありがとうございます!!

信楽の陶器市へは春秋毎回yuiさんと行くんですよ(笑)
私も和食器大好きですので。(洋食器はあまり興味ないですが)

今回は山本さんにクローズアップしましたが、
ほかにもお気に入りの作家さんが2人いるんですよ。
この陶芸の森で行われている陶器市は若手作家さんが集まっていて
伝統的なものを現代風にアレンジした個性的なものも多いので
自分に合った作家さんを探すのも醍醐味のひとつですね☆

また作家さんの焼き物への思い入れなんかを聞くと
器への関心も高まって愛着も湧いてきますよ~

信楽陶器市へ行かれるときは、陶芸の森は要チェックです!
正直な話、駅前のほうはいまいちなので(小声)

今秋は10/6~10/8に開催されるようですよ!
おそらく、陶芸の森だけで言うと、秋のほうが規模が大きいと思います。
ぜひ行ってみてくださいね!
ひょっとしたら会場でお会いするかもしれませんね(笑)

投稿: satop | 2007/05/07 00:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181079/14944598

この記事へのトラックバック一覧です: 信楽Ceramic fair in 陶芸の森 〔滋賀におでかけ〕:

« 薬師寺に咲くカルミヤ 〔奈良におでかけ〕 | トップページ | 伏見の酒蔵巡り~十石船編~ 〔京都におでかけ〕 »