« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

花郷里で心身共にリフレッシュ 〔兵庫におでかけ〕

Hanagori7

さて、前回に引き続きオーベルジュ花郷里さんのご紹介です。
今回は花郷里さんの雰囲気をお伝えしようと思います!


Hanagori8
これが私たちの泊まったお部屋。
天井が高くて間取りが広く窓からは山が見えます!
ベッドもセミダブルでゆとりがあってとってもくつろげます♪
私たちはお庭に出てみたりあちこち徘徊したりロビーでお茶したりしてましたが、
居心地が良いせいかお部屋から出てこないお客さんがほとんどでした。


Hanagori9
ロビー(前回のトップの写真)には自由に飲めるコーヒーやお茶類、
この辺りで採れるミネラルウォーターなどが置いてます。
写真右のお酒類は有料ですよ。でも割高ではなく普通の料金でした!


Hanagori10
夜や雨の日にも退屈しないようにいろんなおもちゃや本が置かれています。
子供連れのファミリーでも楽しめそう。DVDルームもあるんですよ!


Hanagori11
ロビーの前からお庭に出るとテラスが広がっていまーす!
広~い!気持ちいい~!前日に雨が降ったので椅子もテーブルも濡れてて
座れませんでしたが、朝にここでコーヒー飲んだら気持ちよかっただろうな~


Hanagori12
テラスの左奥にはトムソーヤなんかで出てくるツリーハウス!
木の上の小屋で食べたり飲んだり、遊び心がありますね~
でもちょっとこの時期は虫や蚊が多いです・・・


Hanagori13
そして、この地方は温泉も湧いているんです!なんて良いところなんだ~♪
夜は貸切風呂で朝になると男風呂・女風呂に別れます。
お風呂の前には池があってアヒルが泳いでいるんです♪


花郷里にいるのはアヒルだけじゃございませんよ。

Hanagori14
ポニーのエレナちゃん。目が合うとパッカパッカと近寄ってきます。
エサをあげる時間だったのか店員さんが人参を持ってきてくれました!
右はボーダーコリーのアーサーくん。人懐っこくてお行儀が良いワンちゃん。
でもアヒルを襲いにくるキツネや野犬を追い払う優秀なヤツなんだそうです。
あとヤギもいるっぽいのですが、この日は見当たりませんでした。
この動物たちと戯れてるだけでもけっこう楽しかったですよ。


で、「朝食はどうだったの?」と思われた方もいるんじゃないでしょうか(笑)

Hanagori15
朝食はシンプルで軽いものでした。牛乳とフレッシュジュース3種、
サラダ、パン(トースト、クロワッサン、ロールパン)、玉子料理(スクランブル、
オムレツ、目玉焼きから選択)、フルーツです。
前日のディナーでたらふく食べたので、朝はちょうど良い感じでした。
もちろんシンプルながらも美味しくて満足♪満足♪

山と緑と動物と。自然溢れるとってものどかで気持ちいいところ。美味しい食事。
身も心も癒されてとても良いリフレッシュの旅になりました♪

オーベルジュ 花郷里の特集ページ


オーベルジュ 花郷里
兵庫県美方郡香美町小代区大谷300
0796-99-6009
駐車場あり
1泊2食付 18000円~40000円(ツイン1人当たり)
       17500円~55000円(ロフト付1人当たり)
        20000円~75000円(スイート1人当たり)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

オーベルジュ花郷里の食事 〔兵庫におでかけ〕

Hanagori1

以前静岡のオーベルジュですっかりその魅力にとりつかれてしまって
どこか近場でないかと探してみると近畿にも良いところがありました☆

兵庫県北部、ほぼ鳥取との県境辺りにあるオーベルジュ「花郷里(はなごおり)」さん。
自然が綺麗なところで内装などのセンスが良く、池にはアヒルがいて庭には犬や
ポニーがいてとっても気持ちの良いところですが、それは次回ご紹介するとして、
今回は、もうすんばらしく美味しい花郷里さんのお食事にクローズアップします♪

オーベルジュとは以前にも触れましたが、宿泊施設付きのレストラン。
だからホテルとは違って料理がメイン!おのずとその味にも期待がかかります!

Hanagori2
レストランの雰囲気はこんな感じ。明るい時間帯は窓の外が駐車場で
車が見えるのが少し残念ですが、夜は良い感じです。

さて、いよいよお待ちかねのディナータイム♪

Hanagori3
まずはアミューズ、そしてオードブルへと続きます。
夏らしく涼しげに盛り付けられているのは、蟹の身と蟹の子にイクラが少々!
蟹の子って始めて食べましたが、食感はお正月の鯛の子っぽい感じで味は蟹です。

オードブルは左上から時計回りに、鮎のエスカペッシュ(マリネのようなもの)、合鴨
のローストオレンジソースがけ、サザエのエスカルゴバター、ドイツニュルンベルクの
ソーセージです。みんな美味しいんですけど、サザエと鮎は特に美味しかった♪
鮎は骨まで柔らかくて感動!ソーセージに乗ってる赤いのはマイクロトマトです。

Hanagori4_2
次にパンとスープが出てきました。
スープはふさ海老という海老のスープ。すっごく濃厚な海老の味でした!

Hanagori5
そしてメインディッシュは、お魚もお肉も両方出てくるんです☆
魚料理は、スズキのタラゴンソース。ソースはココナッツ系の味。私、タイのカレーとか
ココナッツ系は苦手なんですけど、これは美味しかった♪ちょっとびっくりしました。
で、このステーキ!めちゃめちゃ美味しかったんです!!
けっこう満腹でこの分厚いお肉が運ばれてきたときはびっくりしましたが、
ひと口食べてみるとその柔らかさに目がハートになりました(笑)
醤油ベースにわさび(この地方の名産だそうです)が乗ってて意外とあっさり。
もうほんっとに美味しくてほっぺどころかあごごと落ちますよ(笑)

Hanagori6
最後にデザート。
レアチーズとブルーベリーヨーグルト?のキューブ、フルーツ、バニラアイスです。
バニラアイスはシャリシャリ感があって良い意味で自家製って感じでした♪

食材は野菜に関しては周りに農家がたくさんあるのでそこから仕入れた新鮮なもの!
魚介類も車で1時間も走れば日本海に出ますのでもちろん新鮮!
そしてお肉はというと、これも周りに牧場があるんです。但馬牛というブランドのお肉!

予約時に苦手な食材やアレルギーはないかしっかり確認もしてくださいますよ!
この日は、本当に満足できる絶品の料理に感動の夜でした♪

オーベルジュ 花郷里の特集ページ


オーベルジュ 花郷里
兵庫県美方郡香美町小代区大谷300
0796-99-6009
食事のみも可能
ランチ12:00~ ディナー18:00~、19:00~
駐車場あり

| | コメント (6) | トラックバック (0)

城下町出石 〔兵庫におでかけ〕

Izushi1

兵庫県の北の方、大阪・京都・奈良・神戸から車で3時間前後のところに
出石(いずし)という小さな城下町があります。

辰鼓楼という時計台(トップの写真)と出石城を中心にどこか懐かしさを感じる
町並みが広がっているのですが、お蕎麦屋さんが異常に多いところです!

Izushi2
町を引き立たせている出石城跡。
この門をくぐって左に行くと本丸へ向かう石段があるのですが・・・

Izushi3
朱色の鳥居がずら~!木々の緑とのコントラストがめっちゃ綺麗!
本丸に行くとお稲荷さんが祀られていました。だから鳥居なんですね。
出石城にはもともと天守閣は築かれなかったそうです。

Izushi4
本丸からの城下の見晴らし。小さな町というのが一目で分かりますね。


Izushi5
こちらは出石の地酒を造る酒蔵。赤い土壁で趣があります。
強く触るとポロポロ土がはがれますがそんなことしちゃダメですよ!
これでも明治初期にはすでにあったものだというからすごい!

そして出石と言えば有名な出石そば!ここまで来れば出石そばを食べなきゃ!
出石は、出石城の4代目城主がかなりのお蕎麦好きだったそうで、
信州で一番のそば打ち職人を連れてきてお蕎麦を城下に広めたそうです。

Izushi6
で、これがその出石そば!
出石の中でも老舗の「よしむら」さんでいただきました。
出石そばはお皿に少しずつ盛られて出てくるのが特徴です。
お味は普通のざるそばなんですけどね。
でも、つゆに玉子・とろろ・ねぎ・わさびを入れて食べるとどんどん食が進みます(汗)
一人前は5皿(800円 おかわり一皿130円)なのですが、
男性なら10皿以上、女性でも7~8皿は食べれますね。

出石。お蕎麦屋さんだらけの城下町を見てお蕎麦を楽しむのも乙で良いですよ!


さて、私たちはこのあとオーベルジュ花郷里というところに行きました。
自然溢れるすんごく気持ち良いところでお食事が最高!!
その様子はまた次回アップします♪

| | コメント (6) | トラックバック (0)

大仏プリン 〔奈良におでかけ〕

Daibutsupudding1_1

奈良のおみやげに新しく仲間入りした大仏プリン。
昨年秋頃からテレビや新聞・雑誌などで紹介され始め、一躍有名になりましたね。
5月には奈良観光みやげもの大賞最優秀賞を受賞したそうです!
ということで、最近ふと食べてみたくなって買いに行ってみました!

今回買ったのは、カスタードの大仏プリン、ちっちゃいのが大和茶と地酒味です♪

この大仏プリン、実物を見るとほんとにデッカイです(笑)
持って帰るのもこれひとつだけでもずっしり重いです。。
さすが大仏様にあやかっただけのことはありますね~
大きさを比較するものは何かないかなと一応CDROM置いてみました。

そして気になるお味はというと・・・


これがけっこう美味しい!


モロゾフのプリンはご存知の方多いかと思いますが、あれに似てます!
濃厚だけどくどくなくて、いくらでも食べれるわ~って感じですよ♪
だからと言って大仏プリンを一人で食べるなんてことはしませんけどね。

地酒のプリンは日本酒の香りがほんのりします!春鹿のお酒だそうです。
私的にはこれはかなりおいしい! ←やっぱりお酒がらみ
日本酒とプリンが合うなんて意外ですよ~ほんと。

大和茶のプリン、これは牛乳の味が強めです。もう少しお茶の味が強くても
良いかなと思いましたが、でもまぁまぁ美味しいですよ。カラメルの代わりに
粒あんが底に入っています。

他にもティラミス・ショコラ・レアチーズもありました。


Daibutsupudding2

これらのプリンは、
奈良女子大学前にあるパスタ&スイーツの「Season」さんで売られています!
下の写真にある看板が目印です。すぐに分かりますけどね。

お値段は、大仏が700円、ちっちゃいの(絹プリンと言います)が350円。
ちょうど良いお値段じゃないでしょうか。

観光の方も地元奈良の方も一度お試しになってみてはいかがでしょうか♪


Daibutsupudding3

Season
奈良市鍋屋町2-1シティーホームズ女子大前2F
0742-23-7515
11:30~15:00
18:00~22:00
駐車場なし
日曜日がお休みです

| | コメント (2) | トラックバック (0)

新薬師寺 〔奈良におでかけ〕

Shinyakushiji1

春日大社の参道二の鳥居を右に曲がってまっすぐ行くと新薬師寺はあります。
新薬師寺は、病弱だった聖武天皇の病気が治るように光明皇后が747年に建立
されたお寺で、「新」は”あたらしい”の意味ではなく霊験”あらたかな”の意味な
んだそうです。つまりとってもご利益があることを願ったんですね。

この新薬師寺、こじんまりとして小さなお寺ですが、国宝や重要文化財が
ごろごろあるんですよ!

Shinyakushiji2

これらの写真は文化財の類ではありませんが、燈籠の土台部分は天平時代の
もの、上の部分は室町時代、右の塔は下2段が奈良時代のものだったりします。

そして本堂(トップの写真)は国宝で奈良時代の建物です。落雷や台風、戦火など
度重なる災害で食堂だけが残りそれを現在の本堂にしたそうです。
で、この本堂の中には、ご本尊の薬師如来坐像とそれを守護する十二神将!
下の図のように薬師如来像を囲むように12体の強面(こわもて)の像が並んでいて
ハイラ像以外は全部奈良時代のものです。もちろん国宝です!

Shinyakushiji3

十二神将とは、仏の世界ではそれぞれが7千の家来の大将ですごく強い神様です。
そんなのが12体も外側を向いて立っていらっしゃるのですから迫力ありますよ~
また、干支の神様でもあるそうです。


Shinyakushiji4

さて、本堂横のお庭の先に香薬師堂という小さなお堂があります。
何の変哲もないお堂なのですが、
ここにはとんでもないお地蔵様の木像があるんですよ!

題して”着せ替え地蔵”! ←私が勝手に呼んでます

本当は「おたま地蔵尊」という鎌倉時代に作られたものだそうで、
一見普通の木像なのですが、服が取れるんです!(これも木でできたものですよ)
そしてその下には素っ裸のあらわなお地蔵様のお姿が!
世界的にもかなり珍しいもので必見ですよ!
こちらは、申し込むと見せてもらうことができます。(電話で事前連絡がベター)

新薬師寺、想像以上に楽しむことができました。仏像好きの方はぜひ!


新薬師寺
奈良市高畑福井町1352
市バス新薬師寺道口(破石)下車 山手へ徒歩10分
0742-22-3736
9:00~17:00
大人600円 中高生350円 小人150円
駐車場なし

| | コメント (4) | トラックバック (0)

クレープリー アルション 〔大阪におでかけ〕

Alcyon1

連休だと言うのに大型の台風が上陸して散々な休日でしたね。
私は兵庫県の出石(いずし)に出石そばを食べに行く予定だったのに…(涙)

今回は本格的なクレープ専門店のご紹介です!
難波駅、法善寺横丁の近くにあるCreperie Alcyon(クレープリー アルション)さん。
アルションというとパンとかケーキで有名ですよね。

このクレープリーアルションさんでは、フランスで修行中のオーナーが
本場フランスのクレープに感動し、本物の味を伝えたいという気持ちで
材料からフランス産にこだわった本格的なクレープを味わえるんですよ!


Alcyon2

この日オーダーしたのはクレープセット(790円)です!
クレープは季節限定の桃のクレープ「ペーシュ」と
フルーツとキルシュ風味のクリームが乗った定番の「フリュイシャンティー」♪

結論から言いますと、普通のクレープと一味違います!
今まで食べてた200円や300円のクレープってなんだったんだ?って感じです。

まず生地からして違いますよ!表面はパリッとして、でもしっとりもちもち。
とっても香りが良い!甘ったるい香りじゃなく上品なんですよね。

桃のクレープは桃のコンポート、濃厚なバニラアイス、クランベリー(?)ソースが
かかっていて夏らしい味でした。けっこうあっさりとしていて美味しい~♪
フリュイシャンティーのキルシュ風味のクリームがまた美味しいんですよ~
私お酒好きですから、この洋酒の香りがほんのり香るのがたまりません☆

いや~、ここのクレープは一度食べてみる価値ありますよ!

あと、ガレットと呼ばれるそば粉を使って薄く焼いたものでハムやチーズを包んで
食べるブルターニュ地方の人々の主食的なものがあるのですが、これはクレープの
前身でとても栄養があるものなんだそうです。こんどはガレットも食べてみたいです。

クレープリーアルションで本場フランスの本格的なクレープをご賞味あれ♪


Creperie Alcyon
大阪市中央区難波1-4-18
なんばウォーク16番出口すぐ
06-6212-2270
11:30~22:00(日祝は11:00~21:30)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

猫の時間 〔大阪におでかけ〕

Neko1

さて、次は猫ちゃんたちの出番です!
大阪のJR天満駅または地下鉄堺筋線扇町駅からすぐ、
雑居ビルの3階にあるキャットカフェ(?)「猫の時間」に行ってきました。
私はワンも好きですがニャンも大好き!

エレベーターで3階に上るとカフェスペース。
基本的に猫ちゃんがいるのは透明の扉で仕切ってある隣の部屋なのですが
何匹かカフェスペースを我が物顔で歩いています。
でも、そ知らぬ顔で前を横切るところはさすがネコですね(笑)

いよいよ隣のニャンコ部屋!いろんな種類の猫ちゃんたちがいっぱいいます!
猫好きの方にはたまらないスペースですよ~♪


Neko2

「何見てんのよ」的な子や我関せずと言わんばかりに眠ってる子、
いくら触っても起きませんでした・・・


Neko3

監視員のごとく辺りをじぃ~っと見回す方たち(実際はおっとり優しいですよ)


Neko4

中には「遊ぼっ!」て寄ってくる子やゴロゴロくねくね甘えてくる子など様々。
この右の子、目の色が赤いんですよ!(充血じゃなくて)


Neko5

そしてこの子達が新しく入ったばかりの子猫ちゃん!
ちっちゃくてメチャメチャかわいいんです~☆
デジカメのストラップを地面に這わせると一生懸命追いかけてきて
それを見てるとも~ぅメロメロ♪目がハートになりますよ(笑)

他にもいろいろいるんですけど、猫なのでどこにいるのか分からなかったり
するんですよね~(笑)もちろんこのフロアのどこかにいるんですけどね。
私はセレブのお嬢様チックな超美人の子や生まれつき片目だけど貴公子チックな
超イケメンの子が見たかったんですけど、2匹とも行方不明・・・(涙)
帰る間際にお嬢様は発見。天井近くの棚の上で壁に向かってお休み中でした・・・
あ~、この子達を一目見たいがためにまた行ってしまいそう。。うまいなぁ(笑)
この美男美女が気になる方はホームページに写真がありますよ!

ワンコと違って自由気ままなニャンコ。
だからこそこっちからかまいたくなるんですよね。
猫の時間。猫たちと過ごす癒しのひとときです♪


お役に立てましたら、サイドバー右上→のオレンジのボタンを
押してくださると嬉しいです。

猫の時間
大阪市北区天神橋4-8-8 第2平川ビル3F
06-4801-0224
平日 11:00~23:00 (最終受付22:30) 
土・祝日 10:00~23:00 
日曜 10:00~19:00 (最終受付18:30)
18時まで 1時間630円(ワンドリンク付き1000円)
18時以降 フリータイム1000円

| | コメント (8) | トラックバック (1)

触れ合えるペットショップ 〔大阪におでかけ〕

Dog1

最近天気の悪い日が多いですね。天気予報では今週はずっと雨や曇り…。
さて、今回はそんな雨の日におすすめのおでかけスポットです。

「犬々房DOG MIND」という犬のペットショップ。
大阪城の近くにあるIMPというショッピングモールの1階にあります。
犬好きの方にとってはもうたまりませんよ!

アジアン調のオシャレな空間にいろんな種類のワンちゃんがたくさんいます!
そしてこのワンちゃんたちと一緒に遊ぶことができるんですよ~♪
またこのワンちゃんたちが愛想の良いこと!
椅子に座ったり地面にしゃがみこんだりすると誰かが寄ってくるんです!
おねむの子なんて膝に乗ってきて眠っちゃうこともあるんですよ♪
なんてサービス精神旺盛な子たちなんだ~

Dog2

犬を飼いたくても飼えない方、ちょっと遊んでみたい方には良いですよね!
私はこの日、しっかり1時間遊んでしまいました(笑)
なお、このお店はドッグカフェではありませんのでコーヒーなどはでません。

じめじめして憂鬱な天気、ワンちゃんと遊んで楽しい気分になってみては?


お役に立てましたら、サイドバー右上→のオレンジのボタンを
押してくださると嬉しいです。

犬々房DOG MIND
大阪市中央区城見1-3-4IMP1階
地下鉄長堀鶴見緑地線 大阪ビジネスパーク駅 4番出口すぐ
JR・京阪 京橋駅 徒歩約7分
10:00~20:00(土日祝は制限時間1時間)
入場料500円
年中無休

| | コメント (8) | トラックバック (0)

東福寺 モダンな日本庭園 〔京都におでかけ〕

Tofukuji1

JR京都駅の南東に位置する京都五山のひとつ東福寺。
秋は紅葉の名所として有名ですが夏は夏で綺麗な景色を見ることができます!
しかも秋と違って空いてるのが良い!落ち着いて見ることができますよ!

このお寺は奈良の寺院をモデルにし、東大寺の「東」、興福寺の「福」をとって
東福寺と名づけたそうで、けっこう大きなお寺です。

Tofukuji2

本堂から続く通天橋(トップの写真)を渡ると開山堂(重文)が現れます。
開山堂はちょっとお寺っぽくない変わった形のように思えますが、
お庭は普通の日本庭園です。綺麗ですけどね。

でもこの写真の左側を見てみると・・・

Tofukuji3



こんな感じ。市松模様なんですね!
なんかモダンに感じませんか?
私はちょっとオシャレに感じました。
お寺らしくはないですけど。





通天橋の下は森のようになっていて散策することができます。

Tofukuji4

緑がたくさんで気持ち良いんですよ~♪あじさいも咲いてました!
この緑の景色は楓です!これが秋になると真っ赤になるんですね!

ところ変わって東福寺の方丈(ほうじょう:禅寺にある住居)です。
この方丈の周りにぐるっとお庭があり、八相の庭と言います。
方丈の四方をお庭で囲んでるのはここだけだそうです。

Tofukuji5

南庭は京都のお寺でおなじみの枯山水庭園です。
でも、他のお庭はモダンなデザイン。
東庭は自然石じゃない円柱の石で北斗七星を表し、
西庭はサツキを正方形にカットして市松模様に、
北庭は緑の苔に敷石を敷いてやっぱり市松模様。
市松模様は東福寺のトレードマークのようですね。

東福寺のお庭、現代的なデザインですが美しさを損なうことはなく
なかなか見応えのある景色でした♪
もうひとつ見たいお庭があったのですが通常は非公開なので
またの機会に見に行きたいと思います。

東福寺の特集ページはこちら


お役に立てましたら、サイドバー右上→のオレンジのボタンを
押してくださると嬉しいです。

東福寺
京都市東山区本町15-778
JR奈良線・京阪本線 東福寺駅下車 南東へ徒歩10分
市バス202,207,208系統 東福寺バス停下車
9:00~16:00
通天橋・開山堂拝観料 400円
方丈八相庭園拝観料 400円
無料駐車場あり

| | コメント (8) | トラックバック (0)

廬山寺 源氏の庭と桔梗 〔京都におでかけ〕

Rozanji1

京都御苑の東側にこじんまりと佇むお寺廬山寺(ろざんじ)。
このお寺は桔梗(ききょう)が有名で現在見頃を迎えています!

Rozanji2
廬山寺の玄関です。あでやかで女性らしさを感じますね。
ここは「源氏物語」の作者紫式部のお屋敷あとなんですよ!
なので、お庭も「源氏の庭」と言います。

Rozanji3

この源氏の庭も貴族らしい柔らかな雰囲気で私は好きです♪
くねくねと穏やかに流れる水の中に苔に覆われた浮島、その島には紫色の桔梗
が花を添えて、とっても柔らかく穏やかで平安絵巻を思わせる景色。

Rozanji4

禅寺にある石庭とはまったく違った優雅な雰囲気ですよね。
ぼ~っと眺めていると心がどんどん穏やかになってきます♪
お寺の方丈(建物)内にも所々にお花が活けられていて和みますよ。

Rozanji5

廬山寺では7月中特別公開で源氏物語絵巻の木版が公開されています!
私、実は知らなかったのですが、行ったらたまたまやってました(笑)
写真も自由に撮らせてもらえて心が広いお寺です♪(三脚ダメですよ!)

廬山寺。喧騒を離れ心を和ませてくれる良いお寺です!
桔梗の見頃は9月まで続きますのでぜひ癒されてください♪

関西おいしいもの♪ 京・壷螺暮(こらむ)にも掲載されています。


お役に立てましたら、サイドバー右上→のオレンジのボタンを
押してくださると嬉しいです。

廬山寺
京都市上京区寺町広小路上る
京阪 出町柳・丸太町から徒歩約15分
京都市バス 府立病院前下車 徒歩5分
9:00~16:00
400円(木版本源氏物語絵巻展開催期間中は500円)
1月1日・2月1日~2月7日・12月31日は閉門

| | コメント (6) | トラックバック (2)

公家のお屋敷 拾翠亭 〔京都におでかけ〕

Syusuitei1

京都御苑の南端、丸太町通沿いの門(間ノ町口)から入ってすぐ右手に
拾翠亭 (しゅうすいてい)という建物があります。
この建物は約200年前に建てられたもので、五摂家(公家の最高位の家柄)
のひとつの九条家が茶室や歌会など社交の場として利用していたそうです。
現存する公家屋敷の数少ない遺構で、貴重な文化遺産です。

Syusuitei2

元々は大邸宅だったのですが明治初期にこの茶室だけを残して取り壊されました。
公家の建物と言っても一応茶室なので、落ち着いた佇まいです。
ここは人もそれほどいないのでとてもまったりできますよ♪

Syusuitei3

こちらは明治15年に架けられた高倉橋。縁側からこの景色を眺めると安らぎます♪

Syusuitei4_1

丁子七宝の透かし彫り。オシャレですね~

今の時期だと少し池の臭いが気になりますが、
新緑の時期や涼しくなり始めた時期に行くと景色も綺麗で
爽やかな風を感じながら落ち着いて見学できますよ!
お庭もこじんまりと風情があって癒されます♪


お役に立てましたら、サイドバー右上→のオレンジのボタンを
押してくださると嬉しいです。

Syusuitei5


拾翠亭(しゅうすいてい)
京都御苑内
3/1~12/27の金土と
葵祭、時代祭、御所公開日のみ
9:30~15:30
大人(高校生以上)100円

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »