« クレープリー アルション 〔大阪におでかけ〕 | トップページ | 大仏プリン 〔奈良におでかけ〕 »

新薬師寺 〔奈良におでかけ〕

Shinyakushiji1

春日大社の参道二の鳥居を右に曲がってまっすぐ行くと新薬師寺はあります。
新薬師寺は、病弱だった聖武天皇の病気が治るように光明皇后が747年に建立
されたお寺で、「新」は”あたらしい”の意味ではなく霊験”あらたかな”の意味な
んだそうです。つまりとってもご利益があることを願ったんですね。

この新薬師寺、こじんまりとして小さなお寺ですが、国宝や重要文化財が
ごろごろあるんですよ!

Shinyakushiji2

これらの写真は文化財の類ではありませんが、燈籠の土台部分は天平時代の
もの、上の部分は室町時代、右の塔は下2段が奈良時代のものだったりします。

そして本堂(トップの写真)は国宝で奈良時代の建物です。落雷や台風、戦火など
度重なる災害で食堂だけが残りそれを現在の本堂にしたそうです。
で、この本堂の中には、ご本尊の薬師如来坐像とそれを守護する十二神将!
下の図のように薬師如来像を囲むように12体の強面(こわもて)の像が並んでいて
ハイラ像以外は全部奈良時代のものです。もちろん国宝です!

Shinyakushiji3

十二神将とは、仏の世界ではそれぞれが7千の家来の大将ですごく強い神様です。
そんなのが12体も外側を向いて立っていらっしゃるのですから迫力ありますよ~
また、干支の神様でもあるそうです。


Shinyakushiji4

さて、本堂横のお庭の先に香薬師堂という小さなお堂があります。
何の変哲もないお堂なのですが、
ここにはとんでもないお地蔵様の木像があるんですよ!

題して”着せ替え地蔵”! ←私が勝手に呼んでます

本当は「おたま地蔵尊」という鎌倉時代に作られたものだそうで、
一見普通の木像なのですが、服が取れるんです!(これも木でできたものですよ)
そしてその下には素っ裸のあらわなお地蔵様のお姿が!
世界的にもかなり珍しいもので必見ですよ!
こちらは、申し込むと見せてもらうことができます。(電話で事前連絡がベター)

新薬師寺、想像以上に楽しむことができました。仏像好きの方はぜひ!


新薬師寺
奈良市高畑福井町1352
市バス新薬師寺道口(破石)下車 山手へ徒歩10分
0742-22-3736
9:00~17:00
大人600円 中高生350円 小人150円
駐車場なし

|

« クレープリー アルション 〔大阪におでかけ〕 | トップページ | 大仏プリン 〔奈良におでかけ〕 »

癒しの古刹」カテゴリの記事

奈良におでかけ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

新薬師寺、めちゃ行きたいんですよ!
仏像好きなもんで(笑)
写真で見てもすごい迫力ありますもんね。
今の本堂は食堂だったのか~。へぇ~へぇ~。
最近高畑方面にもご無沙汰しているので
早く行きたくなりました!

投稿: ナララン | 2007/07/20 15:22

新薬師寺の十二神将が凄みを効かせていて、イイですね。

以前、訪ねた時は萩の花が咲いていました。
それと、ここに行く時は、奈良市写真美術館と蕎麦の大喜多がお勧めです。

投稿: そばの横好き | 2007/07/20 23:07

ナラランさん、こんばんわ!

そう言えば仏像好きっていつも書いてらっしゃいましたね(笑)
薬師如来と十二神将の像は迫力ありますよ~
私は壮大な仏の世界を感じることができました!
本堂の隅っこで新薬師寺の特集番組?のビデオを流していて
予備知識なしで行っても楽しめますよ!

そうそう!ナラランさんが昨年載せていたわらびもちのお店、
新薬師寺の近くですよね?見つけたんですけど閉まってたん
ですよ~(涙)食べたかった…

投稿: satop | 2007/07/21 00:00

そばの横好きさん、こんばんわ!

十二神将は配置の仕方が良いと言うか
とても威圧感を感じますよね~

奈良市写真美術館は入ったことないんです。
以前ワンポイント写真教室があったので
行ってみようと思ったのですが、その時は
いまいち場所が分からず断念しました…

大喜多というお蕎麦屋さんがお薦めなんですね!
良いこと聞きました!ありがとうございます♪

投稿: satop | 2007/07/21 00:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181079/15817804

この記事へのトラックバック一覧です: 新薬師寺 〔奈良におでかけ〕:

« クレープリー アルション 〔大阪におでかけ〕 | トップページ | 大仏プリン 〔奈良におでかけ〕 »