« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

春日若宮おん祭 〔奈良におでかけ〕

Onmatsuri1

今日(17日)奈良は珍しくめちゃめちゃ混んでいました。しかも平日なのに。
露店が建ち並びそれはそれはものすごい人・人・人。

その理由は、春日若宮おん祭が行われていたからです!
私、はじめて見に行きましたが、こんなに混雑しているとは思いもしませんでした。
上の写真は猿沢池の横です。なかなか見れない光景ですね~(笑)

おん祭は、1135年に時の関白藤原忠通が大雨洪水による飢饉と疫病から万民を
救うために若宮の神に助けをお願いし丁重な祭礼をささげたのが始まりで、
それ以来870年余り途絶えることなく続けられてきたお祭だそうです。

Onmatsuri2

三条通とか近鉄・JR奈良駅周辺を時代装束の行列が歩いて最後に春日大社参道の
入口一の鳥居付近のお旅所で様々な行事が行われます。

Onmatsuri3

私は街中を練り歩くお渡り式は見れませんでしたが、最後のお旅所前で見てると、
ここでは京都の時代祭のように平安時代から明治時代までの装束じゃなくてなぜか
江戸時代の装束だけなんですね(涙)最後の最後に鎧武者がいましたけど。
ど~も、行くのが遅すぎて(1時45分頃)終わりかけだったようです。

このあと舞楽も行われていたようですが、あまりの人の多さに近寄ることができず
早々と撤退・・・。神事はなんと夜11時頃まであるそうです!

あ~、もう少し早く行ってればもっと良いルポができたはずなのに…すみませ~ん。

詳しくはこちらで → 春日若宮おん祭スケジュール

関西おいしいもの♪ 奈良大和路のこと

| | コメント (8) | トラックバック (1)

みかん狩り初体験 〔和歌山におでかけ〕

Mikangari1

週末、知り合いのご実家のみかん畑に招待されました!
私、今まで苺狩り、栗拾い、松茸狩り、芋ほりはしたことありますが、
みかん狩りは初体験♪

有田みかんで有名な和歌山の有田市近くだったのですが、高速道路を下りると
緑の山に丸いオレンジ色がポツポツいっぱい付いてます!まるで天然の
クリスマスツリーみたいで、はじめて見る光景にテンション上っちゃいました!

Mikangari2

集合場所から農園に案内され、いざみかん狩り開始!
みかんは何個か束になって樹にワッサワッサと成ってます♪
お日様に当った時間なども関係するのか、樹によって味が違うんですよ。
1個取って食べては「この樹は美味しい」とか「この樹はすっぱい」とか
選別しながらみかん狩りすること2時間。けっこう疲れました…
この時期になるといつも何気に食べてるみかん。収穫するだけでも重労働なん
ですね。良い体験をさせてもらいました!招待してくれた知人に感謝、感謝!

今回私は招待されましたが、和歌山の色んな観光農園では今月中旬頃まで
みかん狩りができます。1000円前後でお土産付きの場合1500円くらいです。

みかんをいっぱい食べて風邪をひかないようにしましょう!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

生駒聖天の厄除大根炊き 〔奈良におでかけ〕

Hozanji1

生駒聖天(宝山寺)では毎年12/1に厄除けの大根が炊かれ参拝者に配られます!
大根は心身の毒を取り除くと言われているらしく、聖天様お下がりの大根を食べて
一年の毒を除き新しい年に備える行事なんだそうです。

Hozanji2




12/1の0時から14時にかけて配られる
大根はなんと10,000本!!
100円を置くとおばちゃんが大根を
お皿に盛ってくれます♪





Hozanji3

ほら!美味しそうじゃないですか?
薄味に炊かれた大根には宝山寺味噌がかけられホクホクして美味しかったぁ♪
大根以外にも樽に入ったお酒が置いてあって自由に飲んでもいいんです!
お代はお気持ち程度とのこと。な~んて太っ腹なんでしょう♪
あっ、でも1杯しか飲んでないですよ!念のため。

Hozanji4

宝山寺って想像以上に広くてびっくりしました!般若窟と呼ばれる大きな岩壁の
前にたくさんのお堂が所狭しと建てられています。中国風のものや洋風のものも
あってちょっと変わった雰囲気でおもしろいです!
でも、かつては弘法大師(空海)さんもここで修行されたり、江戸時代は皇室や
徳川将軍家もご祈願されるような由緒正しいお寺なんだとか。

Hozanji5

宝山寺は生駒駅からケーブルカーですぐですが、西改札から続く坂道を登って行くと
石畳の参道が現れます。参道脇にあるもみじの木は既に葉が落ちているのもありま
したが綺麗に紅葉してるのも所々あって綺麗でしたよ!


生駒聖天(宝山寺)
奈良県生駒市門前町1-1
生駒ケーブル宝山寺駅下車徒歩約10分
近鉄生駒駅から徒歩約25分

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »