« 2009年1月 | トップページ | 2009年4月 »

こだわりの和菓子 樫舎(かしや) 〔奈良におでかけ〕

Kashiya1

久々の更新です。
前回の記事が初詣なんてどんなけスローペースやねんって感じですね。。

さて、久しぶりにのんびりできる休日だったので
奈良へ行ってきました!
桜は咲き始めているものもありましたが、まだまだつぼみですね。

この日の目的は桜以外にもうひとつ。
昨年の夏にできた和菓子屋さん、樫舎(かしや)さんです!

最近テレビで見て気になっていたので、「どこやろ~」とならまちを歩いていたらありました!元興寺のすぐ近く。よく考えたらここ「無っ空」さんがあった場所ですね。いつの間になくなったのか気になりつつも意気揚々と中へ。

店内にはショーケースもなく和菓子はいっさい置いてありません。
なんでも、一番美味しい状態を食べてもらおうという店主のこだわりで、2階の喫茶はもちろんお持ち帰りも注文を受けてから作るんだとか。

Kashiya2

私たちは2階の喫茶でおぜんざいと薯蕷(じょうよう)饅頭をいただきました。
2階はこじんまりとした町屋らしいお部屋でゆったりまったり落ち着きますよ~♪

Kashiya3

そしてまずはおぜんざい。綺麗な漆の器には粒がまったくつぶれていないサラッとしたもの。結構甘いんですけどね、サラッと食べれるんですよ。浮いているのはきびのお餅で季節によって違うようです。とっても上品な味。
付属してるせんべいのようなのは干菓子の子種(こだね)。裏に和三盆のタレが塗ってあってこれが素朴で美味しい!

Kashiya4_2

次に樫舎さんがぜひ食べてほしいとおすすめの薯蕷饅頭。
点心のように蒸し器に入れられて出てきます!

Kashiya5

蓋を開けると、ほわっと湯気に包まれたお饅頭!
柔らかぁいほわほわのお饅頭は舌触りの良い餡で上品な甘さ♪
出来立てのお饅頭、やっぱりおいしい~♪

樫舎さんの餡は小豆の組織をつぶしてしまう機械をいっさい使わずすべて手作りなんだそうです!気候条件などでも微妙に漉(こ)し方を変えるというこだわりよう!元々は奈良の神社仏閣からの注文を中心に自宅で作っていたという幻の和菓子。一般の私たちも食べれるようになってほんと良かったぁ☆

ちなみに樫舎さんでは食器にもこだわっていて、すべて赤膚焼きや奈良漆器といった奈良のものだそうです。奈良の魅力に改めて気付きますよ☆

萬御菓子誂處 樫舎(よろずおんかしあつらえどころ かしや)
奈良市中院町22-3
0742-22-8899
9:00~18:00
近くにコインパーキングあり
水曜日がお休みです

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年4月 »