金沢城と兼六園 〔石川におでかけ〕

Kanazawa1

金沢へ行って参りました!
読んで下さってる方、ここのところかなり更新が遅々ですみません(汗)
おまけに久々のアップが関西じゃないですけど・・・

金沢に着いてまず行ったのが金沢城。前日に雪が降ったようで
地面も屋根にも雪が軽く積もっていました。北陸らしく良い感じでしたよ♪
金沢城は豊臣時代のナンバー2、前田利家のお城です。加賀百万石と
よく言いますよね。この百万石、今の価値だと年収いくら位だと思いますか?
え~と、1000億円以上になるそうです。かなりのお金持ちですね!

金沢城と言っても天守閣は残ってなくて建物は3つしかないんですよね~。
1つはトップの写真の五十間長屋。平成13年に古写真を元に復元されたものです。
中にも入れますが今回は時間がなくて入りませんでした(涙)


Kanazawa2
そしてこれは江戸時代からある重要文化財の三十軒長屋。


Kanazawa3
これも重文の石川門。この景色大河ドラマ「利家とまつ」で唐沢寿明さんと
松島奈々子さんがよくここで話すシーンが出てきましたね!
見てた方しか反応しないと思いますが私はかなり反応しました(笑)


金沢城はこれくらいにして兼六園へ。


Kanazawa4

兼六園は前田家五代藩主の頃から代々長い歳月をかけて作られたお庭で、
日本三名園のひとつに数えられています。
広大な敷地を世界に池を大海に見立てているそうで、所々に茶室があって
そこからお庭を眺めることもできる風情ある名園です!

Kanazawa5

兼六園と言えば初冬から雪に備えて準備される雪吊りの景色が印象的ですよね。
木の中心に棒を立ててそこからロープをたらして枝に結びつけ雪の重みで枝が
折れないように吊り下げているんですね。行ってみて始めて知りました(汗)

ちなみにこのあと21世紀美術館にも行ったんですけど、
個性的過ぎて理解できず早々と退散してしまいました(笑)

写真は撮ってませんが、金沢は何といってもお魚が最高に美味しかったんです♪
特にこの時期の甘海老は大きくて甘くて食べ応え満点、白海老は見た目が
透き通って綺麗で甘海老のようだけどさっぱりしてて、そして関西ではあまりお目に
かからないノドグロという魚、これもあっさりしてるけど旨みがあってすんごく
美味しいんですよ!金沢に行ったらぜひ回転寿司へ(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

オーベルジュの朝 〔静岡におでかけ〕

Auberge5_3

さて、前回から一夜明けて、翌日はお天気も良く景色がとても綺麗でした。
朝食(1575円)は、お部屋のテラスかレストランを選べて
どちらも浜名湖の景色を見ながら楽しめます!
今回は、大人数で出かけたのでレストランで皆でゆったりと朝食を頂きました。

Auberge6


こちらの朝食もまた美食というのにふさわしい豪華なお食事♪
まず、運ばれてきたのが、大きなポット2つで、
大きなカフェオレボールに、自分でコーヒーとミルクのポットから注いで作ります。
そして、静岡の三カ日みかんジュース、焼きたての自家製パン2種類、
自家製苺とブルーベリージャム、グリーンサラダ、ヨーグルト、フルーツ、
メインがソーセージ、ハム、フランス産アスパラ、そら豆、人参、玉葱などに
半熟卵がのったスープがきます。
Auberge7
見た目がとっても綺麗で、まさに美食です!
朝からたっぷり優雅なモーニングをしたので、ランチは全くいらないくらいです。 

キャトルセゾンさんのお部屋は、全部で5~6部屋と少なく
全室浜名湖を一望できます。
日常の時間を忘れる為にとテレビ、時計、冷蔵庫がお部屋にはないんです。
(飲み物は、通路に色々なお茶、ハーブティーが置いてあり自由に飲めます)
たまには日ごろの喧騒を忘れ、ゆったりと優雅な時間と美食で美しく過ごすのも
いいですよね~♪料金は、お部屋がツインルーム2名1室で21000円でした。 

7月28日発売の雑誌「大人の名古屋」の【大人の都心脱出計画’07】という特集に
キャトルセゾンさんが『泊りがけで行きたい、三ツ星オーベルジュ』として紹介される
そうです。芸能人もお忍びでくるとか?! 

ぜひ一度美食のオーベルジュ、お試し下さいね♪


お役に立てましたら、サイドバー右上→のオレンジのボタンを
押してくださると嬉しいです。

キャトルセゾン
静岡県湖西市横山317-93
053-578-1000
ランチ  12:00~14:00
ディナー 18:00~20:00
火・水がお休みです

| | コメント (8) | トラックバック (0)

オーベルジュ 〔静岡におでかけ〕

Auberge1

オーベルジュがブームになりつつあると最近知ったのですが、
みなさんはご存知でしょうか?

オーベルジュとは、フランス語で”宿泊施設付きのレストラン”の意味だそうです。
ホテルのレストランではなく、レストランがメインなんです。

先々週末、大阪から車で5時間ほどの
静岡県浜名湖畔にあるオーベルジュ キャトルセゾンへ行ってきました!

キャトルセゾンさんは、浜名湖畔の小高い山の中腹に佇むオーベルジュ。
とにかく、お料理がとっても美味しいんです!
素材は、浜名湖と舞阪港で獲れる新鮮な魚介、地元で採れた有機野菜、
ハーブ、フルーツを使ったとってもヘルシーなフレンチ♪

ディナーは、コースが3種類で、今回は一番下のコース(4980円)をオーダー。
それでも、見た目・量・お味、十分満足できる内容です!


Auberge2
まず、はじめにスープ、パン、前菜がでてきます。
前菜はオレンジ色のナスタジウムというハーブのお花がプレートを飾り、
右上は、オイルサーディン?に、クリスタルリーフがのっています。
このクリスタルリーフは初めて見ましたが、凍っているようにきらきらと光っている
水滴がたくさんついています。海草みたいでしたが、ぷちぷちした食感でさっぱり
した不思議なお野菜でした。
真ん中は、活ウナギのキューブ仕立てで、軽く燻製にしたウナギと、
ズッキーニ・赤パプリカをゼリー寄せにしたもので見た目も綺麗☆
左が、ズッキーニにハーブが添えられています。
ズッキーニの花の蕾の中にはパプリカのムースが入っていて
すごく手の込んだお料理に驚かされました!

Auberge22



二皿目の前菜が、紅バジルが添えられた
ホワイトアスパラガスのブランマンジェ。
滑らかでとってもあっさりと美味しい!
紅バジルは普通のバジルより味が濃くて、
アクセントとしてぴったりでした!


Auberge3
そしてメインがお肉かお魚か選べます。私はお魚。(写真左)
オマール海老とスズキに、幻のきのこと呼ばれる、"はなびらたけ"(白くてきくらげ
のような食感)と、フランス産の高級アスパラ(細く見た目はつくしみたい)、
"アスペルジュ・ソバージュ"のスープ仕立てでした。
このアスパラは、シーズンが非常に短く5月のたった3~4週間らしいので、
ぎりぎり食べれた旬のお野菜!

お肉は、仔牛?の塩包み焼きでした。(写真右)
私は食べてないのですが、とても柔らかく美味しかったそうです。

Auberge4





最後にデザートが、ミントのゼリー、
アイスクリームなどがグラスに入って
とってもお洒落でさっぱりと美味しい。





食後には、紅茶、コーヒー、ハーブティーがついてました。
もう、お腹一杯でワインもきいてとってもイイ気分♪
更に目の前の浜名湖で今年初の花火まで上がるし(結婚式があったらしい)、
とっても幸せ~な気分でした♪
あとは、部屋に戻って快眠でした。zzz...

さすが宿泊施設付きのレストランだけあって、朝食もとても胸が弾むものでした♪
その様子は次回お伝えしたいと思います!


お役に立てましたら、サイドバー右上→のオレンジのボタンを
押してくださると嬉しいです。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

割烹 大喜 〔三重におでかけ〕

Daiki

外宮の最寄り駅の宇治山田駅前にある寿司・割烹のお店”大喜(だいき)”さん。
ここは伊勢での食べ歩き(?)で最後を飾るのに相応しいお店でした!

何と言っても宮内庁・神宮司庁御用達!
さらに、皇族の方々も幾度となく利用されたという皇室御用達!!

皇室御用達なんていうと、京都祇園にあるような超高級割烹料理のお店などを
想像してしまいますが、ぜんぜんそんなことはありません。
店内もそんなにかしこまるような雰囲気はなく、ほんとに普通。

じゃあ、お料理は目が飛び出るほど高いのかというと、
これがまた良心的なお値段なんです!

Daiki2 で、まず穴子好きの私は、
一品料理で穴子のてんぷらを頼みました。
サクッ!!!
そして穴子ふわぁ~♪
何これ~!めちゃおいしい!!
衣の感触にも驚きますが
味がすんごくおいしい♪

さすが皇室御用達!
いやいや~、宮内庁や皇室の方々が食するものだから何でもおいしいと
言うつもりはないのですが、確かにおいしい!

Daiki3
こちらはてこね定食(1500円)
これも言葉ではなかなか説明し辛いのですが、一味違います!
酢飯のお酢加減もちょうど良く、タレに漬け込んだ鰹もとても上品な味♪
私的には前回のものよりもこちらの方が好印象です。

Daiki4
こちらはにぎりの盛り合わせ(1000円)
盛り合わせではなく好きなものをにぎってもらうとけっこう良いお値段
(まぐろ2貫で600円くらいしたような…)なのですが、これ1000円で食べれます!

伊勢の帰り際に寄ったお店、記憶の中に強烈に残るおいしいお店でした♪

======================
お役に立てましたら、応援してくださると嬉しいです!
      → ブログランキングへ
======================

Daiki5
割烹 大喜
伊勢市岩渕2丁目1-48
0596-28-0281
11:00~21:00
年中無休
駐車場 あり

| | コメント (2) | トラックバック (0)

おはらい町・おかげ横丁 〔三重におでかけ〕

Okageyokocyo

伊勢神宮(内宮)前のおはらい町・おかげ横丁。有名ですよね!
石畳の道、風情ある建物のお店。

Okageyokocyo2





郵便局(左)や銀行(右)も
こんな感じ。




Okageyokocyo3
特におはらい町の中ほどから広がるおかげ横丁は江戸時代末期頃の伊勢路の風景
を再現していて、町並みを見ているだけでも楽しいところです!

そしておはらい町・おかげ横丁ではやっぱり食べ歩き!(笑)

伊勢の名物と言えば、伊勢うどんとてこね寿し!今回伊勢うどんは食べません
でしたが、おかげ横丁でてこね寿しの有名なお店”すし久”でお昼にしました。

Okageyokocyo4
松・竹・梅とあって、写真は竹平膳(1650円)です。
てこね寿しは、特製のタレに漬け込んだカツオの刺身が酢飯に乗ってます。
少し甘めの酢飯、新鮮なカツオ、美味しゅうございました♪
このお店は建物の一部に伊勢神宮の古材を使っていたりして
とても良い雰囲気!ただ、団体客も来られるので混雑しています。


Okageyokocyo5


魚がいっぱいぶら下がった
”ひもの塾”。魚焼きながら
「食べてってや~」と言われ
お腹いっぱいなのに
迷わずつまみ食い(笑)
試食がなんと1匹丸ごと!



そして伊勢に来ると暗黙の了解で必ず行かなければならない”赤福本店”
赤福餅なんて今やどこでも買えるのになんでわざわざ・・・
その理由は、「美味しいから!」(笑)

Okageyokocyo6
やっぱり本店です!このお店で食べる醍醐味!
何よりもできたてですので!お餅がやわらか~い♪

「もういい、お腹いっぱい。」と言いながら歩いていて目に入ったのが
”お伊勢屋本舗”の福まん!松坂牛が入った肉まんです。

Okageyokocyo7
松坂牛と聞けば食べないわけにはいかないでしょう!?
ということで、2人で1つ食べました。1こ300円。
なんかすき焼きが中に入ったような感じ。これも美味しかった~♪

おはらい町・おかげ横丁
伊勢の美味しいものがたくさん集まった町。
ここはダメです。必ず太ります(笑)


======================
お役に立てましたら、応援してくださると嬉しいです!
      → ブログランキングへ
======================

| | コメント (12) | トラックバック (1)

伊勢神宮 〔三重におでかけ〕

伊勢神宮というとおそらくおかげ横丁が近くにある神社を想像するかと思いますが、
伊勢神宮は、内宮(ないくう)と呼ばれる皇大神宮(こうたいじんぐう)と外宮(げくう)
と呼ばれる豊受大神宮(とようけだいじんぐう)の2つの正宮(しょうぐう)を中心に
別宮、摂社、末社、所管社が所属し、全部で125の宮社で成り立っています。
これらの総称を”神宮”と言い、伊勢神宮の正式名称なんだそうです。

一般的に想像されるのが内宮(私もそうでした)で、ここにしか参拝されない方が
多いそうですが、本来は外宮を参拝してから内宮へ行くのが慣わしだそうです。
ということで今回、私は次の順番でお伊勢参りをすることにしました!

1.豊受大神宮(外宮)

Jingu

1500年前から私たちの生活を支える産業を守る神様がお祀りされています。
緑に覆われたとっても気持ち良いところですよ!内宮から車で10分弱くらい。
白馬は天皇陛下から賜った神馬です!

2.猿田彦神社(さるたひこじんじゃ)

Jingu2

伊勢神宮の別宮等ではありませんが、伊勢の地を本拠地として国土を開拓し
伊勢神宮の創建に尽力した神様がお祀りされています。
道開きの神様として崇拝され、岐路に立っている方や何かを始めようとする方が
お参りすると良いんだとか。

3.皇大神宮(内宮)

Jingu3

日本神話の最高神であり日本国民の総氏神である天照大神(アマテラスオオミカミ)
をお祀りするお宮で、日本で特別にして別格の聖地です!
創建以来木々の伐採を禁じ、神殿は20年に1度建て替えられ、2千年もの間
その姿を変えずに今に伝わっているんですよ!

4.月讀宮(つきよみのみや)

Jingu4

太陽神である天照大神の弟神をお祀りするお宮で、月神だそうです。
内宮の外にある別宮としては最も重要なお宮だそうですので
ぜひ参拝してくださいね。”美”に関する願い事に良いそうですよ♪


伊勢神宮。
飾り気のない素朴な佇まいながらも圧倒的な威厳を感じるところでした。
さすが日本で最高峰の神社です!

伊勢神宮の特集ページ ← もっと詳しく見たいかたはこちら

======================
お役に立てましたら、応援してくださると嬉しいです!
      → ブログランキングへ
======================

宮伊勢神へは
JR・近鉄伊勢市駅 近鉄宇治山田駅から徒歩またはバス
関西から車では、名阪国道→伊勢自動車道 伊勢西IC

| | コメント (0) | トラックバック (1)

伊勢で花粉症に・・・ 〔三重におでかけ〕

このブログを読んで下さっている皆様は花粉症大丈夫ですか?
私、伊勢にておもいっきり花粉症にかかってしまいました(涙)

話が突然ですが、前々から一度行ってみたかった伊勢神宮へ行ってきました!
伊勢神宮は日本神話の最高神とも言える天照大神(アマテラスオオミカミ)を
お祀りする神社です。約2千年前にこの地に神殿が建てられて以来
人々に崇拝され続け、お伊勢参りとして有名ですね。

霊感が強い方からするとやはりご神気を強く感じる場所だそうで、
神聖な空気をいっぱい体に取り込むぞーっと清々しい空気を胸いっぱいに
吸い込んでパワーアップした気になっていたのですが、しばらくすると・・

は、はっ・・ はっくしょん!!! あり?

くしゅん! くしゃん! は・・くしょん!

げっ!くしゃみが止まらない(涙) 


Ise

それもそのはず、周りを見ると杉だらけ!
しかも伊勢神宮は約2千年もの間一切木々の伐採を禁じてきた原生林。
周りの杉の木は樹齢千年クラスの巨木がそこら中にそびえ立っています。
神がかりの巨大杉の木が放つ花粉も相当強力なのでしょうか。
神宮内に入って30分もしないうちに花粉症になってしまいました(涙)
周辺にある耳鼻科も駐車場は満車、患者さんは次から次へと入っていく、
こんなに流行っている耳鼻科は見たことないってくらい混雑していました(笑)
今では目までかゆくてもう大変です・・・
この時期、お伊勢参りをする方で花粉症が気になる方はマスク必須ですよ!

伊勢神宮の特集ページ

======================
お役に立てましたら、応援してくださると嬉しいです!
      → ブログランキングへ
======================

| | コメント (6) | トラックバック (1)

飛騨の家具館 〔岐阜におでかけ〕

飛騨高山といえば飛騨家具が有名ですよね。
全国にショールームがあって近畿では大阪の堂島にもありますが、
その飛騨家具の本店がJR高山駅の近くにあります。

飛騨家具は、上質な木材を使って飛騨の匠と呼ばれる職人が
昔ながらの伝統技術で作っていて本当に良い家具なんですよ!

Hidakagu

デザインも伝統的なものからモダンなものまで現代人の多様なニーズに
応えていて、近年はミラノのデザイナーとのコラボで注目を集めてます。

本店の飛騨の家具館は、モダン、カントリー、和風、ナチュラル系と
ブースで区切っていて、見ているだけでもけっこう楽しいんですが、
ちょっと値が張るんですよね~
「いいな、これ~」と思って値段を見るとギョッ!とすることが多い…

Hidakagu2

また、この本店には隣にアウトレットもあって、広大なスペースに
家具が所狭しと展示されています。
で、この飛騨家具が半額で買えたりするんですよ!
それでもけっこう良いお値段ですけどね(汗)

近畿からの行き方、料金、宿(福地温泉)についてはこちら

飛騨の家具館。
高山市名田町1-82-1
9:00~18:00
水曜日がお休みです。


最後まで読んでくださってありがとうございます。
ついでにポチッと押してもらえると嬉しいです! → ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

奥飛騨の食 〔岐阜におでかけ〕

奥飛騨の特徴的な食と言えば、飛騨牛、キノコ類、朴葉(ほおば)みそ。
そして、奥飛騨の温泉には囲炉裏があるので、これらを炭火で焼いて食べる!
見た目も香りもすっごく美味しそうです!で、実際に美味しいです!!

Katsuraginosato5
福地温泉で泊まったかつら木の郷での夕食です。
川魚を串に刺したものや飛騨牛、ごへいもちを囲炉裏の炭火で焼いて食べます。
この他にも、なめこと湯葉のみぞれ和えや雑穀米の赤かぶ茶漬けなど様々。
飛騨牛は確かに柔らかくて美味しいですが、思ったほどインパクトは薄かったかな。

Katsuraginosato6
こちらは朝食。
囲炉裏にかけられたお味噌汁には地元で採れた野菜がごろごろ。
朴葉みそもでてきました。
朴葉みそは朴葉という大きな葉っぱの上に味噌を乗せて焼いたものです。
たいてい味噌にキノコ類や卵を混ぜますが、ほんと美味しいんです!

福地温泉の朝は朝市があります!
この朝市では、この辺で採れた野菜・果物やキノコ類、お土産ものが置いてます。

Asaichi_1
①奥飛騨はキノコ類がよく採れるみたいで、
  しいたけや舞茸から珍しいキノコまでとにかく安いです。
②佃煮もキノコ系が多く、私は椎茸わさびを買ったのですが、これがすんごく美味しい!
③こんな所でラ・フランス!?しかも1個80円で安い!甘くて美味しかったです♪
④朴葉みそも売ってます。でもやっぱり現地で食べるほうが美味しい。
⑤百草茶。何にでも効きそうですね(笑)味は薄いほうじ茶といった感じです。

もっと詳しく見たい方はこちらへどうぞ。

この地方の食べ物はとにかく美味しいものが多かったです♪
美味しい食べ物と温泉。ぜひ行ってみてくださいね!

参考になったと感じていただけたら、
クリックして応援してくださいね! → ブログランキングへ
ありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

奥飛騨温泉郷 福地温泉 〔岐阜におでかけ〕

Katsuraginosato

奥飛騨温泉郷には平湯温泉、福地温泉、新穂高温泉があります。
私は昨年も行きましたが、今回も福地温泉に行きました!
福地温泉は豪勢な旅館やホテルはほとんどなく、昔の豪農屋敷などを改築した
こじんまりとした宿が多いところです。
どこの宿も囲炉裏があってとても趣のある雰囲気が私を惹きつけるんです!

Katsuraginosato2

今回泊まったのは、かつら木の郷。
玄関を入ると高い吹き抜けの天井に梁がめぐっていて、
囲炉裏のスペースとソファーのスペースが見えています!この囲炉裏が良い雰囲気!
この宿は広い敷地に離れが7室、そして母屋に3室、
全部で10室のかなりゆったりしたところ。母屋の2室以外は全室に囲炉裏があって、
夜は囲炉裏を囲んでお酒とおつまみ!極楽です~(笑)

Katsuraginosato3

そして温泉!
男湯と女湯が1つずつ、どちらも檜の内湯と露天風呂があります!
貸切風呂は2つあって、こちらも檜の内湯と露天風呂です。

さらっとしていて硫黄臭さもないのですが、あがったあと
お肌がすべすべ(サラサラ?)になりますよ!
もちろん掛け流しです!
この辺は常に温泉が湧いていて、道路わきの溝からも湯気がたってるほど。

Katsuraginosato4


効能は、以下の通りです。

疲労回復 外傷
リウマチ性疾患
神経疾患 慢性皮膚疾患
婦人病 冷え性



福地温泉には「もらい湯」の制度があり、福地温泉にある宿なら
どこのお風呂でも1軒だけ入らせてもらえます!
浴衣と下駄で散策しながら良さそうな宿のお風呂に入るのも良いですよ~!


ちなみに、こちらは昨年泊まった草円さん。↓
かつら木の郷より規模は小さいですが、料理がめちゃめちゃ美味しかった!
Soen

福地温泉の囲炉裏の暖かさとおいしい料理、そして温泉。
何もしない贅沢な時間をここで過ごしてみるのは良いものですよ!

もっと詳しく知りたい場合はこちらへ

かつら木の郷。
1泊2食付きで
 母屋 16800円~18900円
 離れ 21000円~24150円
福地温泉までは、
大阪・奈良・京都から車で約6時間、高速料金は6000円前後
11月に入るといつ雪が降ってもおかしくないためチェーンの準備必要。

行ってみたいなと思ったらポチッと押してくださいませ → ブログランキングへ
ありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)